【電気代が高い】大手電力会社と地元の電力会社を比較(大阪府)

2022年3月20日

生活に欠かせない「電気」ですが、電気代が高いと悩まれている方が多いのでは無いでしょうか。

大手電力会社からは「電気料金の値上げ」の案内を耳にすることはありますが、良い話しはあまり聞こえてきません。

では、大手電力会社は電気代が高いのは本当なのでしょうか?

この記事では大手電力会社と地元の電力会社を比較し、本当に大手電力会社の電気代が高いのかについて検証したいと思います。

※今回は「大阪府:大阪電力」の料金プランと、関西電力の料金プランの「従量電灯A」についての比較をします。

oosaka-station

大阪電力ってどんな会社?

大阪電力ってどんな会社?名前をはじめて聞いた方もいると思いますので、先ずは簡単に概要をご説明します。

◇香川電力株式会社  ※香川電力ホームページはこちら

「大阪電力」の運営元は香川電力株式会社になります

  • 設立 2016年4月1日
  • 資本金 2,000万円
  • 本店所在地 香川県高松市天神前10-5 高松セントラルスカイビルディング4F
  • 大阪支社 大阪府大阪市北区豊崎2-7-9 豊崎いずみビル9F

運営元が「香川電力株式会社」になる為、本社所在地は当然のことながら「香川県」にあります。

近畿エリア(二府四県)は大阪電力(大阪電力プラン)が全てカバーしているのですが、その他大手電力エリア(北海道・沖縄・北陸電力エリアは除く)も供給エリアとなっています。

大手電力会社と地元の電力会社を比較(料金単価)

大阪電力が電気を供給するエリアの大手電力会社は「関西電力」になりますので、ここからは両社の電気代を比較してみたいと思います。

 関西電力(従量電灯A)大阪電力(従量電灯A)
最低料金(最初の15kWhまで)341.01円342.38円
15kWhをこえ120kWhまで20.31円20.71円
120kWhをこえ200kWhまで25.71円27.26円
200kWhをこえ300kWhまで25.71円21.92円(夏冬季23.22円)
300kWh超過分28.70円24.97円(夏冬季26.37円)

最低料金~120kWhをこえ200kWhまでの料金は大阪電力の方が高いので、電力消費の少ない方にはおすすめ出来ません。

また、200kWhをこえる場合は関西電力よりも安くなるのですが、季節により料金設定が異なる事にも注意が必要です。

大阪電力で電気代がお得になるケース

大阪電力の場合「200kWhをこえ300kWhまで」のプラン以上であれば関西電力よりも電気代が安くなる事が分かりました。

では、大阪電力で電気代がお得になるケースについて具体的にみていきましょう。

年間(月間)の電気使用量

世帯あたりの年間の電気使用量(※家庭での電気使用量:環境省はこちら)は、全国平均4322kWh(平成29年度)に対して、大阪府のある近畿では4108kWhが年間の電気使用量の平均になります。

4108kWh(年間)を月単位で計算すると:月間平均342.3kWh。

因みに、一人暮らしの電気使用量の平均は:月間平均154.0kWh。

※出典:環境省HPより

以上のことから、大阪電力の場合は少人数世帯(単身やご夫婦世帯)だと電気料金が高くなると推測できるので、電気の使用量の多い世帯にとってはおすすめかも知れません。

大阪電力のメリット

大阪電力の電気代については電気使用量が少ない方には高くなる事が分かりましたが、ここからは料金以外で大阪電力にメリットがあるのかを検証します。

◇具体的なサービスを提供していない

Osaka-Fried-Skewers
※「大阪」といえば串カツ

大阪電力では具体的なサービスの提供はありません。

奈良電力(ならでん)や和歌山電力では、電気・水道・ガスのトラブルや、鍵の紛失への対応などのサービスが受けれるのですが、大阪電力ではそのようなサービスの提供はありません。

香川電力では同様のサービスを展開していましたが現在は「新規申込」は終了:香川電力サイト

まとめ

【電気代が高い】大手電力会社と地元の電力会社を比較(大阪府)について解説をしましたが、大阪電力では提供されるサービスが無いので他の電力会社と比較するとメリットは感じられませんでした。

現在、関西電力で契約中の大所帯であれば大阪電力へ切替える事でメリットがあるかも知れませんが、料金だけの比較で考えるのであれば他の電力会社がおすすめだと言えます。

電力自由化がはじまり、新たな電力会社(新電力)が誕生しましたが、未だに新電力への切替えが進んでいません。

新電力へ切替える事により電気代は安くなる(可能性がある)のですが何となく不安だと感じている人が多いようで、全国で新電力へ切替えた方は50%にも満たないのが現状です。

※【新電力】電気代が安くなるのに切替えない2つの理由!はこちら⇩⇩⇩

合わせて読みたい

今回は関西電力と大阪電力を比較しましたが、今後も、他府県の大手電力会社と地元電力会社を比較し検証をしたいと思います。

法人・個人事業主のかた専用

お問合せフォーム

お問合せはこちら

LINE【公式】

※関西電力と地元電力会社の料金プラン比較に関する記事はこちら⇩⇩⇩

合わせて読みたい
合わせて読みたい
合わせて読みたい
合わせて読みたい
合わせて読みたい
  • この記事を書いた人

エンビューロ


★法人・個人事業主のポータブル電源専門店|エンビューロ
★事業内容
・法人・個人事業主向けポータブル電源専門店
(個人の方は要相談)
・BCP対策用 補助金(助成金)申請業務全般
・医療用蓄電池
・LPG発電機(BCP対策用)施工管理
・屋外イベント向け大容量ポータブル電源各種
・車載サブバッテリーの販売及び施工
・EV充放電機
★専門分野
・ポータブル電源
・BCP対策全般
・車載バッテリー
・建築(戸建・収益・医院建築)
★保有資格
・宅地建物取引士
・測量士補
・第二種電気工事士

-新電力【電気料金】