【新電力】大手電力会社と大手「新」電力会社|料金プラン比較

電気代を安くするための手段として「新電力への切替え」を検討する方が増えています。

ところが、新電力へ切替えをした後も「電気代が安くなっていない」などのトラブル?が多いようです。

過去に大手電力会社と新電力会社の料金プランを比較しましたが、電気使用量が少ない家庭に於いては大手電力会社の方が電気代が安い場合が多く見受けられました。
※大手電力会社と新電力会社の料金比較はこちら⇩⇩⇩

【電気代が高い】近畿2府4県新電力会社の電気代を比較 総集編(近畿)
大手電力会社の電気代は本当に高いのか?について検証。新電力各社と大手電力会社の電気代を使用量ごとに比較をすることで本当にお得な電気料金プランがわかります。この記事では「電気の使用量ごと」にそれぞれの電気代をシミュレーションをしています。

新電力へ切替え後のこのようなトラブルについては、電気料金シミュレーションが不十分である事が一番の原因ですが、中には「知名度の高い新電力会社大手新電力会社=安い」と思い込んでいる方もいます。

この記事では【新電力】大手電力会社と大手「新」電力会社の料金プランを比較することで「大手新電力会社で電気代が本当に安くなるのか?」について解説をします。

「新電力」への切替えを大手新電力会社で検討している方はぜひ最後までご覧ください。

関西電力(従量電灯A)とソフトバンクでんきを比較

ここからは、大手電力会社:関西電力(従量電灯A)と大手新電力会社:ソフトバンクでんきについて比較をします。

料金プランを比較

ソフトバンクでんきの場合、関西電力:従量電灯A相当の料金プランは「おうちでんき(N)・くらしでんき」です。

関西電力エリアについては「最低料金が最初の15kWhまで」となりますが、東京電力・中部電力エリアなどは「基本料金」になるのでご注意ください。

最低料金・料金単価関西電力
従量電灯A
ソフトバンクでんき
おうちでんき(N)
ソフトバンクでんき
くらしでんき
最初の15kWhまで341.01円285.00円341.01円
15kWhを超え120kWhま
20.31円20.30円20.10円
120kWhを超え300kWh
まで
25.71円24.10円24.93円
300kWhを超える28.70円27.80円27.26円
※2022年4月時点の各社料金単価

料金プランを比較することで最低料金・料金単価共にソフトバンクでんきの方が安い事が分かりましたが、どの程度電気代が安くなるのかについても確認をしておきます。

電気代シミュレーション

ここでは電気使用量毎の電気代について確認をしますが、燃料調整費額と再エネ促進賦課金については下記固定の単価でシミュレーションをします。
※実際の燃料調整費額・再エネ促進賦課金については電気の使用量に応じて金額は変わります。

※燃料調整費額 25円
※再エネ促進賦課金 245円

電気使用量関西電力おうちでんき(N)くらしでんき削減額削減率
100kWh2,337円2,280円2,319円-57円▲2.43%
280kWh6,857円6,542円6,710円-315円▲4.59%
350kWh8,806円8,414円8,571円-392円▲4.45%
450kWh11,676円11,194円11,297円-482円▲4.12%
600kWh15,981円15,364円15,386円-617円▲3.86%
※削減率・削減額については関西電力とおうちでんき(N)を比較

それぞれの電気使用量でシミュレーションを行った結果はご覧のとおりですが、関西電力と比較をした場合では、ソフトバンクでんきの両プラン共に電気代が安くなることが分りました。

ここからは、ソフトバンクでんきの「おうちでんき(N)とくらしでんき」の違いについても確認をしておきます。

「おうちでんき(N)・くらしでんき」の違い

「おうちでんき(N)・くらしでんき」のシミュレーション結果を見る限り、おうちでんき(N)の方が電気代は安くなる事が分かりましたが、それぞれの違いについても確認をしておきます。

◇おうちでんき(N)

  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーの割引がある
    ※スマホ・タブレットなど1回線につき110円/月(2年間)
    ※3年目~は55円/月
  • ソフトバンクでんき:おうち電気はこちら

◇くらしでんき

  • エコ電気アプリの登録でpaypayポイント100円相当がもらえる
    ※2022年4月時点 ➡ 予告なく終了する場合があります
  • ソフトバンクでんき:くらしでんきはこちら

いずれの料金プランについても「誰でも契約できる」のですが、くらしでんきの場合はホームページでの契約が出来ないのため手間が掛かります。

また、ソフトバンク・ワイモバイルユーザー以外でも「おうちでんき(N)」を契約することが出来るので、料金単価から比較しても「くらしでんき」を契約するメリットはありません。

このように、自社料金プランに於いても手続きの手間・割引きなどのサービスによる「差」をつける事で、ソフトバンクでんきの場合は「おうちでんき(N)の料金プラン」へ誘導しているようです。

関西電力 > くらしでんき > おうちでんき(N)

※大手新電力会社が「新電力」を取り扱う理由はこちら⇩⇩⇩

【電力の小売全面自由化・新電力】で電気代を安くする方法はこれ!
「電力の小売全面自由化」は2016年4月(平成28年)以降、電気の小売業者の参入が前面自由化された事をいいますが、大規模な工場や施設、オフィスビルなどが使用す「特別高圧」は2000年3月から小売全面自由化が始まりました。2016年4月から小売全面自由化されたのは、「低圧」と区分される一般家庭や店舗などで使用される電力のことを言います。

まとめ

この記事では関西電力とソフトバンクでんきの料金プラン比較について解説をしました。

両社を比較した場合はソフトバンクでんき:おうちでんき(N)の料金プランの方が安くなる事が分かりましたが、割引などの金額(月額110円割引)を考慮しても驚くほど電気代が安くなる訳ではありません。

また、今回のシミュレーション結果からも、以前ご紹介した「京都新電力・奈良電力」の方が、電気代が安くなる事は明らかです。
※京都新電力・奈良電力の比較に関する記事はこちら⇩⇩⇩

【電気代が高い】近畿2府4県新電力会社の電気代を比較 総集編(近畿)
大手電力会社の電気代は本当に高いのか?について検証。新電力各社と大手電力会社の電気代を使用量ごとに比較をすることで本当にお得な電気料金プランがわかります。この記事では「電気の使用量ごと」にそれぞれの電気代をシミュレーションをしています。

電気代を安くする手段として新電力を検討することは必須ですが、「知名度の高い新電力会社=安い」と思い込んでいるのであればそれは大きな間違いだと言えます。

大手新電力各社は「割引きを併用した料金プランなど」で「お得感」を訴求していますが、電気代が安くなるのか?と言うと「少しだけ安くなる」といったところです。

電気代を本当に安くしたいのであれば「大手新電力会社」に拘らず、その他の新電力会社についても検討されることをおすすめします。

お問合せ
【各種お問合せ】【新電力お申込】【ポータブル電源】に関するご相談・お見積りはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました