【ポータブル電源】キャンプ場での盗難被害から守る|98%が知らない盗難対策

2022年6月25日

キャンプ場やアウトドアでポータブル電源を利用する方が増えていますが、その一方では盗難被害が後を絶ちません。

また、ポータブル電源に限らず「キャンプ用品の全て」が盗難被害の餌食となるケースもあり、このような被害に遭うと普通の人は中々立ち直る事が難しいのではないでしょうか。

a-woman-relaxing-at-a-camp
※キャンプで寛ぐ週末

このような状況に立ち向かうべく、あらゆる「盗難対策が公開(SNSやYouTubeなど)」されているのですがどれも似たようなものが多く、その殆どが「誰でも思いつく手段」です。

  • テントから目を離さない
  • テントから離れる時はキャンプ用品を車に片づける
  • 防犯ブザーを使う
  • 出来る限り持ち歩く

このような盗難対策も、ある程度の効果は期待できるのですが「盗むのは盗難のプロ」です。

一度目をつけられたら、相手もあらゆる手段を講じてきますので、ご紹介したような対策では万全と言えません。

そこでこの記事では、【ポータブル電源】キャンプ場での盗難被害から守る|98%が知らない盗難対策について解説をします。

お問合せはこちら

LINE【公式】

盗難対策は公開しない

結論から言いますが、この記事では具体的な盗難対策は公開することが出来ません。

その理由については・・

  • 盗難対策を公開すると、盗む方は「次の対策」を考える

これが最も大きな理由です。

safe-deposit-box-of-a-bank
※銀行の貸金庫

例えば、大切なお金や有価証券を保管する際に多くの方は「金庫」を利用(使用)しますが、その金庫を開けるには「暗証番号やカギ」が必要になります。

他人にその暗証番号を教えたりカギを渡すような事は絶対にしないのと同じで、そもそも盗難対策を公開している時点で「殆ど効果がない」と考えるのが自然です。

そのため、公の場では盗難対策については公開しないのがコンサルの常識だと言えるのです。

盗難対策のヒント

とは言いつつも、全く触れない事はできませんので、ここでは「98%が知らない最強の盗難対策」についてのヒントをお伝えします。

ポータブル電源は「新品」が狙われる

当然のことながら、ポータブル電源に限らず「新品」が狙われますが、言うまでも無く「転売が目的」なので新品は要注意です。

また、何度か使用したものでも「人気メーカーのポータブル電源」であれば、ある程度の金額で売れるのでこの場合も注意が必要です。

ヒント①「新品」

a-man-relaxing-next-to-a-portable-power-supply
※SUNGA:LKシリーズ

キャンプ用品

最近では「テントを盗む輩」もいるようですが、ポータブル電源に次いでテントも高額なものが多いことから盗まれた時のショックは計り知れません。

しかし、テントについてもポータブル電源と同じような盗難対策が出来るため、これからテントを購入しよう!と考えている方にはおすすめです。

ヒント②「どこで購入するか?」

※因みに、私共En Beau lo(エンビューロ)ではテントの取扱いはございません。

a-woman-and-a-dog-relaxing-in-a-tent

盗まれたものが返ってくる

盗難被害に遭った場合、ごく稀に盗まれたものが持ち主に返ってくることがありますがこれについては賛否が分かれます。

一度他人の手に渡ったものは「生理的に受け付けない」人も多く、特に肌に触れるものや口にするものなどは返ってくるだけで不快に思う人もいます。

そのため、よっぽどの物でもないかぎりは「盗まれたものは返ってこない方が良い」のかも知れません。

ヒント③「一度盗まれたものは返して欲しくない」

盗難対策のコンサル

コロナ禍をきっかけに「一人キャンプ」をはじめる方や「車中泊女子」も増えていますが、盗難被害に遭いやすいのはこのような方たちです。

そのため、盗難対策のコンサルについては次のような方がおすすです。

  • これからキャンプ用品やポータブル電源を買いそろえる
  • ポータブル電源を使ったキャンプをはじめたい
  • ポータブル電源が初心者の方

盗難対策のコンサルと言いつつも費用を頂く訳ではありません。

ポータブル電源の普及と犯罪の撲滅を目的としているため、ご希望の方には「個別相談」をしています。

特に、ゼロからスタートする方にはおすすめです。

お問合せはこちら

LINE【公式】

まとめ

ポータブル電源やキャンプ用品の盗難対策については各々が注意をする必要がありますが、折角の休日を「そのような事で神経を擦り減らす」事はしたくありません。

  • 盗難対策は「公開しない・公開されていない」のが原則
  • ポータブル電源やキャンプ用品は「新品」が狙われる
  • ポータブル電源やキャンプ用品は「どこで購入するのか?」が重要
  • 一度盗まれたものは「生理的に無理」と思う人が多い
  • ポータブル電源やキャンプ初心者の方は、無料の「個別相談」がおすすめ

今後、ポータブル電源を使ったキャンプをはじめてみたい方は、ぜひ一度、En Beau loまでお気軽にご相談ください!

お問合せはこちら

LINE【公式】

ポータブル電源専門店

En Beau lo|エンビューロ

  • この記事を書いた人

エンビューロ


★法人・個人事業主のポータブル電源専門店|エンビューロ
★事業内容
・法人・個人事業主向けポータブル電源専門店
(個人の方は要相談)
・BCP対策用 補助金(助成金)申請業務全般
・医療用蓄電池
・LPG発電機(BCP対策用)施工管理
・屋外イベント向け大容量ポータブル電源各種
・車載サブバッテリーの販売及び施工
・EV充放電機
★専門分野
・ポータブル電源
・BCP対策全般
・車載バッテリー
・建築(戸建・収益・医院建築)
★保有資格
・宅地建物取引士
・測量士補
・第二種電気工事士

-ポータブル電源