【ポータブル電源】EcoFlow DELTA Pro|無敵の最大容量21600Wh

2022年4月16日

以前、ポータブル電源史上最高クラスEcoFlow DELTA Proについてのオプションや機能について詳しく解説をしました。

※EcoFlow DELTA Pro:徹底解説はこちら⇩⇩⇩

合わせて読みたい

そこでご紹介したEcoFlow DELTA Proのラインナップにある「エクストラバッテリーとスマート発電機」を使った容量UPの方法について、この記事では更に詳しく解説をします。

ポータブル電源の域を超える最大容量21,600Whの具体的方法について、ご興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

EcoFlow DELTA Pro:最大容量21,600Wh

EcoFlow DELTA Pro専用のエクストラバッテリーを使う事で、最大容量を10,800Whまで増やすす方法(エクストラバッテリーを2台接続)については以前の記事で解説をしました。

ここでは、その倍の容量にあたる21,600Whまで最大容量をUPする具体的な方法について解説をします。

最大容量21,600Whにする方法

最大容量21,600Whに使用する方法は次の2パターンです。

✽パターン① システム総額:2,002,550円(税込み)

  • EcoFlow DELTA Pro 本体2台
  • エクストラバッテリー   4台
  • ダブルボルテージハブ 

✽パターン② システム総額:1,727,550円(税込み)

  • EcoFlow DELTA Pro 本体2台
  • エクストラバッテリー   2台
  • スマート発電機      2台
  • ダブルボルテージハブ 
Portable-Power-Supply
※ダブルボルテージハブ 

 

どちらの方法についても最大容量は21,600Whになるのですが、コストを重視する場合であればパターン②がおすすめです。

En Beau lo|ポータブル電源専門店

EcoFlow DELTA Pro

接続方法:図解

Portable-Power-Supply
  1. EcoFlow DELTA Pro本体同士をダブルボルテージハブで接続
  2. EcoFlow DELTA Pro本体とエクストラバッテリーを付属のケーブルで接続
  3. エクストラバッテリーとスマート発電機を付属のケーブルで接続

このような接続をすることで最大容量21,600Whのシステムを作る事ができます。

また、エクストラバッテリーとスマート発電機の組合せについては制限がないので、用途に応じて組み合わせを変えることも可能です。

  • 屋内で使用する場合は「エクストラバッテリー」のみを使用 ➡ 災害時用に屋内で使用する場合など。
  • 屋外で使用する場合は「スマート発電機」がおすすめ ➡ フードトラック・キッチンカーなど、屋外でのみ使用する場合。

※EcoFlow DELTA Pro:徹底解説はこちら⇩⇩⇩

合わせて読みたい

家庭用蓄電池よりも経済的

最大容量21,600Whを実現するためのシステムですが、パターン①の場合は総額2,002,550円(税込み)となります。

金額だけをみると「かなりの高額」だと感じる方も多いかと思いますが、家庭用蓄電池と比較をした場合についてもここでは触れてみたいと思います。

家庭用蓄電池:価格相場を知る

家庭用蓄電池を購入するには主に次の費用が必要です。

  • 本体価格 
  • 工事費用 ➡ 蓄電池本体を設置する基礎(土台)
  • 保証に関する費用 ➡ 自然災害など
  • アフターサポート
Image-of-household-storage-batteries

家庭用蓄電池の場合、Webサイトなどに記載のある金額だけで判断する事は難しく、設置を請負う工事会社によって金額(総額)は異なります。

  • 蓄電量量4kW~7kW ➡ 総額:100万円(税込み)~200万円(税込み)程度
  • 蓄電量量12kW~ ➡ 総額:250万円(税込み)~

10kWhを超える家庭用蓄電池を購入する場合の総額は、200万円(税込み)を超えることは珍しくありません。

仮に、今回ご紹介したEcoFlow DELTA Proの最大容量21,600Whと同等の容量を家庭用蓄電池で購入するのであれば、上記の総額(250万円)は間違いなく超えてくるでしょう。

しかし、家庭用蓄電池とポータブル電源を比較することに否定的な意見もあるかと思いますが、これだけの超大容量の蓄電池を必要とする場合に於いては欠かせない選択肢の一つになるはずです。

En Beau lo|ポータブル電源専門店

EcoFlow DELTA Pro

まとめ

この記事では【ポータブル電源】EcoFlow DELTA Pro|無敵の最大容量21600Whについて解説をしました。

記事後半では、本来の趣旨とはことなる内容について触れましたが、ポータブル電源が進化を遂げると共に「家庭用蓄電池の必要性に疑問」を感じるの方も増えるのではないでしょうか。

EcoFlow DELTA Proのように、3,600Wh~21,600Whまでの容量を自由にカスタマイズし、必要に応じてキャンプやレジャーに持ち出せば、もはや家庭用蓄電池を購入するメリットを見出す事は難しいのかも知れません。

※EcoFlow DELTA Proのご購入はこちら⇩⇩⇩

En Beau lo|ポータブル電源専門店

EcoFlow DELTA Pro

お問合せはこちら

LINE【公式】

  • この記事を書いた人

エンビューロ


★法人・個人事業主のポータブル電源専門店|エンビューロ
★事業内容
・法人・個人事業主向けポータブル電源専門店
(個人の方は要相談)
・BCP対策用 補助金(助成金)申請業務全般
・医療用蓄電池
・LPG発電機(BCP対策用)施工管理
・屋外イベント向け大容量ポータブル電源各種
・車載サブバッテリーの販売及び施工
・EV充放電機
★専門分野
・ポータブル電源
・BCP対策全般
・車載バッテリー
・建築(戸建・収益・医院建築)
★保有資格
・宅地建物取引士
・測量士補
・第二種電気工事士

-ポータブル電源【商品関連】