【ポータブル電源】実用性を重視|BCP対策に特化したHUG-400A

ポータブル電源を使用する人口が増えている中、キャンプやアウトドアで使用する方は多いものの「停電対策にポータブル電源」を常備している人は圧倒的に少ないのが現状です。

※電気依存と停電対策に関する記事はこちら⇩⇩⇩

【ポータブル電源】停電対策不足|電気依存度は69.5%|在宅避難
停電対策が不足している実態が明らかとなった現在に於いて電気依存度は高まる一方です。大手企業が調査した「在宅避難と停電」の調査結果から見えてくる「現実」について解説をします。停電対策と言えば「ポータブル電源」だと思っていても、多数の方は「ポータブル電源」の存在すら知りません。

また最近のポータブル電源のトレンドとしては、「デザイン性」を求めるユーザーが多いことからもフォルムやカラーに拘ったポータブル電源が多く見受けられます。

しかし「本来の用途に特化したポータブル電源(停電対策)」も数多くあるなかで、この記事では実用性を重視したBCP対策におすすめのポータブル電源:HUG-400A(ハグ)について解説をします。

かなり「実用性を重視」することに特化したポータブル電源になりますので、これからBCP対策をお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

HUG-400A

先ずはポータブル電源:HUG-400Aの仕様について解説をします。

HUG-400A製品仕様:プライム・スター株式会社製

  • 入力:AC100~240V・ソーラーパネル
  • 出力電圧:100V
  • 出力周波数:50/60Hz【正弦波】
  • 定格出力:300W
  • ピーク出力:600W 
  • USB出力:12ポート【2ポート(MAX 3.5A)×6】
  • 充電時間:ACアダプター ⇨ 7時間・ソーラーパネル ⇨ 8時間前後
  • 電池種類:リチウムイオン電池
  • 電池容量:390Wh
  • 本体質量:5.3㎏
  • 保証期間:1年

デザインは「キャンプやアウトドア向き」というよりも「企業のBCP対策向き」のポータブル電源:HUG-400Aですが、用途についてもBCP対策などの実用性を重視した仕様になっていることもあり、全国各地の「市役所・役場」への導入実績も豊富です。

災害時の非常用電源としての使用

  • マンションなどの共同住宅
  • 病院や学校
  • オフィスビルの防災センター

実用性を重視した出力ポート

企業のBCP対策に特化していることから実用性を重視し「USBポート:12口搭載」を標準装備としたHUG-400Aですが、停電時にはハブポートを使用する事で最大60台のスマートフォンへの充電を同時にすることが出来ます。

もちろん、AC出力も搭載(側面に2口)しているので100V電化製品も使用する事ができます。

BCP-portable-power-supply
※HUG-400A:USB出力ポート

但し、「Type C」の出力ポートが搭載されていないため必要に応じて変換アダプタを⇩⇩⇩使用する必要があります。

UGREEN USB Type-C 変換アダプタ USB 3.1 Type C メス to USB 3.0 オス 変換 QC3.0 急速充電と高速データ転送同期 Windows 10 / Mac OS対応 MacBook iPad Pro iPhone 13/12/11 Pro Maxなどに対応 紛失防止ストラップ付き
USB Type-C変換アダプタ usb c to USB 3.0 変換 Quick Charge3.0 急速充電と高速データ転送 USB 変換 アダプター

操作がかんたん

操作も非常にシンプルに設計されており、電源スイッチとAC(交流)・DC(直流)のスイッチしか無いため、操作が苦手な方でも「直感的に使用」することが出来ます。

※初めて使用する際は50Hz/60Hz周波数の設定が必要ですが、こちらの操作も簡単に行えます。

BCP-portable-power-supply
※HUG-400Aのインジケーター

搭載されるインジケーターもシンプルで、電池残量については「5段階表示:20%・40%・60%・80%・100%」になりますが、充電が必要なタイミング(電池残量不足)になれば「電池残量の警告マーク(「!」マーク)」で教えてくれます。

また、AC(交流)とDC(直流)の消費電力もそれぞれ表示されるため、操作性に加えて視野性が高いのもHUG-400Aの特徴です。

ソーラーパネル充電にも対応

ソーラーパネル(別売り)を使うことで災害時(停電時)にも充電をすることが出来ます。

充電時間については日照条件にもよるのですが、晴れた日の日中であれば「概ね8時間程度」で満充電にする事が出来ます。

ソーラーパネル仕様(HUG-400A専用)

  • 出力ポート USBポート : 5V / 2.4A(Max) DC18Vポート : 18V/5A(MAX)
  • 変換効率 : 23-25%
  • 動作温度 : -40~85%
  • 展開サイズ : 94 x 94 x 1cm
  • 折り畳みサイズ : 32 x 19 x 8 cm
  • 重量 : 約2kg

安全性を追求したHUG-400A

公共施設(市役所や役場)への導入実績が多い理由の一つにHUG-400Aの「安全性の高さ」があります。

中でも「耐火性テスト」については動画で公開されており、安全性の高さについても信頼が置けます。
※国連協定規則の車載用リチウムイオン電池試験(UN ECE R100-02. PartⅡ)に準じた試験を実施

BCP-portable-power-supply-test
※耐火性テストの様子

その他、釘刺しテストによる試験も行われておりますが「発煙・漏液・発火・破裂」の症状もみられなかったようです。

このような耐久テストをここまで公開しているポータブル電源も珍しいのですが、不特定多数の方が使用する場面を想定した「メーカー側の配慮」なのかも知れません。

ジャパン・レジリエンス・アワード:最優秀賞

過去にはジャパン・レジリエンス・アワードの最優秀賞(2019年)に輝いた実績があり、ここでもHUG-400Aの信頼性の高さについて高い評価を受けていた事が分かります。

ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)は、次世代に向けたレジリエンス社会構築へ向けて強靭な国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等に取り組んでいる先進的な企業・団体を評価、表彰する制度です。

引用元:一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会
  • レジリエンスとは・・困難や脅威に直面している状況に「うまく適応できる能力」「うまく適応していく過程」「適応した結果」を意味する言葉。

HUG-400Aにはこのような実績がある事からも企業や官公庁のBCP対策に選ばれる理由が頷けます。

まとめ

この記事では、ポータブル電源の実用性を重視|BCP対策に特化したHUG-400Aについて解説をしましたが、ポータブル電源を日常生活で使用する方が増える一方で、企業のBCP対策についても急速に進んでいます。

冒頭にお伝えしたように、ポータブル電源のトレンドは「デザイン性を追求」しているように感じますが、HUG-400Aのような実用性重視したポータブル電源」についても、これから益々需要が伸びていく事が予想されます。

このように、ポータブル電源には「様々な用途に応じた使い方」が出来るうえ、企業のBCP対策向けのポータブル電源は他にもまだまだ存在します。

BCP対策におすすめのポータブル電源はこちら⇩⇩⇩

【BCP対策用電源】 - En Beau lo|エンビューロ ポータブル電源 
En Beau lo(エンビューロ):「丸紅エネブル正規販売店」防災用・医療用・現場用・キャンパー向けポータブル電源の専門店|ポータブル電源の無料レンタル|年中無休9:00-20:00

今後も「用途や実用性を重視した特化型ポータブル電源」をこの記事では紹介して参りますが、「用途におすすめのポータブル電源」を相談されたい方は下記までお気軽にご相談ください。

※ポータブル電源の専門店:En Beau lo(エンビューロ)はこちら⇩⇩⇩

Wakuto.consulting

※各種お問合せはこちら⇩⇩⇩

お問合せ
ポータブル電源に関するご相談は「ポータブル電源専門店・En Beau lo:エンビューロ」まで、お気軽にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました