【ポータブル電源】専門店が解説|ポタ電に搭載されるBMS機能

チャンネル登録お願いします!
チャンネル登録お願いします!

ポータブル電源が安全に使用できるように搭載される機能「BMS:バッテリーマネジメントシステム(以下:BMS)について、ポータブル電源の専門店が解説をします。

ポタ電に搭載されるBMS機能については、便利な機能と言うよりも「事故を防ぐための機能」になりますので、これからポータブル電源の購入をお考えの方で「ポタ電の安全性に興味がある」方は、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

BMS:バッテリーマネジメントシステム

先ずはBMSの機能について簡単に解説をします。

ポータブル電源に搭載されるバッテリー(リチウムイオン・リン酸鉄リチウムなど)は、高電圧を維持できる特徴がある一方で、ポータブル電源内部で不具合が発生したり取扱いを間違うと「発火や爆発」の危険性を抱えています。

BMSはそのような危険を未然に防ぐ役割を果たすための機能です。

また、BMSはポータブル電源に限らずハイブリッドカーなどにも幅広く搭載されています。

Emblem-for-hybrid-car
※ハイブリッドカー

BMSの具体的な役割

一般的にBMSには次のような機能が備わっています。

  • セルの過電流を防ぐ機能
  • セルの温度管理
  • セルの過充電・過放電を防ぐ機能
  • セルの電圧を均等にする機能(セルバランス)
  • 短絡(ショート)保護

などがあります。

因みに「セル」とはバッテリーを構成する「個々の電池」の事を言います(下画像参照)。

Welding-the-battery-cells
※電池セルを搭載する前の作業

※今後注目される「電池セル」に興味のある方はこちら⇩⇩⇩

【ポータブル電源・セル】電気自動車の車載電池メーカー|世界最大手のCATL
車載電池メーカー世界一のCATL(中国)がポータブル電源業界に参入の兆しが見えてきました。既に製品化に向けた試作品も完成しており、ポータブル電源市場に登場する日も遠くありません。この記事では、あまり日本では知られていないCATLのルーツについて解説をします。

BMSの機能をもう少し詳しく解説

先ほどご紹介したBMSの機能について、もう少し詳しく解説をします。

  • 過電流を防ぐ機能・・スペックを超える電流が流れた場合に電流をカットする機能
  • 温度管理・・バッテリーが低温や高温になった際に、充電と放電を停止する機能
    ポータブル電源の温度に関する記事はこちら
  • セルの過充電・・充電のし過ぎを防いでくれる機能
  • セルの過放電・・使い過ぎを防いでくれる機能
  • セルバランス・・セル同士の電圧のバラつきを補正してくれる機能
  • 短絡(ショート)保護・・回路に大きな電流が流れた時(プラスとマイナスが直接つながった場合など)
    短絡(ショート)保護に関する記事はこちら

ご紹介したようなトラブルが起こらないように、ポータブル電源にはBMS機能が搭載されている事もあり安全に使用する事ができるのです。

まとめ

BMS機能はポータブル電源にとって重要な機能です。

ポータブル電源を使用する上で「実感できる機能」ではありませんが、BMS機能があることでポータブル電源を安全に使用する事ができるのです。

  • ポータブル電源が安全に使用できるための機能を「BMS:バッテリーマネジメントシステム」と呼ぶ
  • BMSには幾つかの機能があり自動でポータブル電源の運転を停止してくれる
  • 通常の使用であればBMS機能が働く事は無い

※Shop紹介とご質問はこちらから⇩⇩⇩

取扱い数と個別相談に特化したポータブル電源ショップ|En Beau lo
まずはコチラから無料相談!の大手ポータブル電源メーカーの最新機種から、厚生労働省が認可した4社のディープフリーザーに対応したものまで取り揃えて...

※ポータブル電源の専門店:En Beau loはこちらから⇩⇩⇩

Wakuto.consulting

コメント

タイトルとURLをコピーしました