【ポータブル電源】初心者でも分かる|停電対策用のポタ電は「ここだけ」チェック!

停電対策用にポータブル電源の購入を検討している方が増えています。

ところが、ポータブル電源を購入するにはある程度の知識も要求されるのですが、Amazonや楽天などのECサイトでは気軽に買える事もあり、デザインや価格だけで選ぶ人も多いようです。

その結果、購入したポータブル電源で発生するトラブルの代表例が・・

  • ドライヤーや電子レンジが使えなかった
  • 扇風機から「変な音」がする
  • 使用できる時間が短い

勿論、購入した後では「返品」する事が出来ないため、このようなトラブルに合わない為にも注意が必要です。

そこでこの記事では・・

ポータブル電源を購入するのが初めて【初心者】

停電対策用に購入を検討している

人に知って頂きたい、「停電対策用のポタ電は「ここだけ」チェック!」について解説をします。

\購入に関するご相談はこちら/

LINE【公式】

ポタ電選びに必要なコンセントの知識

何気なく使っている「自宅のコンセント」ですが、コンセント1か所で使用できる電力の大きさは1500Wまでと決められています。

そのため、身の回りにある家電については「その範囲内で使用できるように設計」されているのです。

リビング用のエアコンなどには「200V仕様」もあるので注意が必要です。

また、1回路あたりは2000Wまで使用する事ができるのため、一般的なブレーカーは20A(アンペア)となっていますので、こちらも一緒に覚えておくと便利です。

⇧⇧⇧これさえ覚えておけば、ポータブル電源で「家電が使えなかった・・」と言ったトラブルに遭う事は殆どありません。

ポータブル電源の「出力」をチェック

ポータブル電源には、それぞれの出力が設定されています。

例えば、下の画像はポータブル電源のカタログに記載された「出力」を抜粋したものです。

portable-powe-supply-instruction-manual
  • AC(交流) 定格1500W・最大3000W

定格1500Wと記載があるポータブル電源であれば、先程解説をした「自宅のコンセントの最大1500W]と同じ値となるため、一般的な家電であれば全て使用する事が出来ます。

出力波形をチェック

定格1500Wのポータブル電源であれば先ず気にする必要はありませんが、価格の安いポータブル電源を購入する場合は「波形」の確認をする必要があります。

「正弦波」や「純正弦波」の記載であれば良いのですが、「疑似正弦波」や「修正正弦波」と記載がある場合は注意が必要です。

停電対策用のポータブル電源を購入したいけど「どれを選べば良いのか分からない・・」と悩まれている方は、「定格|1500W・正弦波」のポータブル電源を基準に探してみては如何でしょうか。

\購入に関するご相談はこちら/

LINE【公式】

まとめ

この記事では、【ポータブル電源】初心者でも分かる|停電対策用のポタ電は「ここだけ」チェック!について解説をしましたが、「定格|1500W・正弦波」は必須条件と言えます。

ただ、ポータブル電源には様々な機能や容量の違いをはじめ、搭載される電池セルの種類など選ぶ基準は多岐に渡るのですが、初心者の方がそれらの情報を整理し自分に合った1台を選ぶのは容易ではありません。

また、「大容量」と書かれたポータブル電源は無数に存在するものの、大容量には明確な定義が無いこともあり、実際は「お湯も沸かせない」なんて事も珍しくないのです。

大容量のポータブル電源には「定格1500W未満」のものも多く見受けられますので、定格1500Wは必ずチェック!

最後に、停電対策用のポータブル電源を購入される方が増えていますが、ご紹介した内容だけでは「不安」だと言う場合はお気軽にエンビューロまでご相談ください。

用途に合ったポータブル電源を一緒にお探し致します。

\購入に関するご相談はこちら/

LINE【公式】

ポータブル電源専門店

定格:2000W以上のポータブル電源

  • この記事を書いた人

エンビューロ


★法人・個人事業主のポータブル電源専門店|エンビューロ
★事業内容
・法人・個人事業主向けポータブル電源専門店
(個人の方は要相談)
・BCP対策用 補助金(助成金)申請業務全般
・医療用蓄電池
・LPG発電機(BCP対策用)施工管理
・屋外イベント向け大容量ポータブル電源各種
・車載サブバッテリーの販売及び施工
・EV充放電機
★専門分野
・ポータブル電源
・BCP対策全般
・車載バッテリー
・建築(戸建・収益・医院建築)
★保有資格
・宅地建物取引士
・測量士補
・第二種電気工事士

-ポータブル電源