【ポータブル電源】電子レンジをポタ電で使いたい方必見!「○○式」は必ずチェック

2022年6月5日

ポータブル電源を購入する際に「注意が必要なこと」は幾つもありますが、全てを理解した上でポータブル電源を購入するにはハードルが高いかも知れません。

例えば、ポータブル電源を購入する前に「確認しておきたい」事を少しご紹介すると・・

などが挙げられますが、初めてポータブル電源を購入する方にとっては不安に感じる事も多く「出来れば購入前に相談したい」のが本音では無いでしょうか?

また、最近では「家電量販店」でポータブル電源を購入する方も増えているのですが、実はここでもトラブルは起こっているのです。

portable-power

そこでこの記事では【ポータブル電源】電子レンジをポタ電で使いたい方必見!「○○式」は必ずチェックについて解説をします。

記事のポイント

 ポータブル電源で使用する「電子レンジ」の知識

 購入前に確認したいこと

ポータブル電源を使って「オール電化キャンプ」を楽しみたい方や、電子レンジの使用を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

電子レンジの種類

家庭で使用する場合は「気にする必要が無い」のですが、電子レンジには大きく分けて「2つの種類」があります。

ここでのポイント

 インバーター式の電子レンジ

 高圧トランス式の電子レンジ

聞き馴染みが無いかと思いますが、ポータブル電源で電子レンジを使用する場合は「2つの種類」の違いを知っておく必要があるのです。

※ポータブル電源で電子レンジを使う際に知っておきたい事はこちら⇩⇩⇩

合わせて読みたい

注意が必要|「高圧トランス式の電子レンジ」

先ほどご紹介したように、電子レンジには「インバーター式の電子レンジと高圧トランス式の電子レンジ」の2つがありますが、ここではポータブル電源で電子レンジを使用する際に注意が必要な事に的を絞って解説をします。

ここでのポイント

 高圧トランス式の電子レンジを使用する場合

 高圧トランス式の電子レンジは起動電力が非常に大きいため「メーカーに必ず確認」が必要

 出来れば「使用しない」事がおすすめ

インバーター式の電子レンジの場合は定格消費電力とポータブル電源のAC出力を確認すれば良いのですが、高圧トランス式レンジの場合はそう簡単には行きません。

高圧トランス式の電子レンジの場合は起動電力が非常に大きいため、「定格消費電力が1100W」の電子レンジでも「起動電力(サージ)は3000W以上を必要」とする場合も珍しくありません。

※起動電力に関する記事はこちら⇩⇩⇩

合わせて読みたい

もう少し具体的に解説をすると、同じ定格消費電力の2つの電子レンジ(インバーター式の電子レンジと高圧トランス式の電子レンジ)をポータブル電源で使用する場合、「インバーター式の電子レンジは使用することが出来ても高圧トランス式の電子レンジは使用出来ない」事もあります。

また、高圧トランス式の電子レンジを使用する場合はメーカーに「起動電力を必ず確認する必要がある」のですが、この場合に於いても「より正確な情報」を知る必要があります。

正確な情報が必要な理由

 高圧トランス式レンジの起動電力を「一般論で説明される場合」がある

 口頭だけの説明を真に受け、実際に起動電力を測定すると「数値が全く違う」場合がある

 家電量販店では分からない情報

電子レンジメーカーも「ポータブル電源での使用を前提」に製造をしている訳ではありませんので、このような回答を得た場合でも電子レンジメーカー側には責任がありません。

また、同様に「ポータブル電源メーカー」にも責任を負う義務は無いため、ポータブル電源で「電子レンジの使用」をお考えの方は「事前に相談」される事をおすすめします。

高圧トランス式の電子レンジの見分け方

高圧トランス式の電子レンジを見分けるには次の方法があります。

注意が必要

電子レンジの仕様や商品ページに「高圧トランス式」の記載は殆どありません。

○○専用

Amazonなどで「電子レンジ」を検索すると分かるのですが「東日本 50Hz専用」や「 西日本 60Hz専用」と記載された商品⇩⇩⇩が幾つかあります。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥13,742 (2023/11/20 13:15:47時点 Amazon調べ-詳細)

注意が必要

この「50Hz・60Hz専用」の記載がある電子レンジは「全て高圧トランス式の電子レンジ」になります。

価格で判断する

勘の鋭い方は気づいているかも知れませんが、高圧トランス式の電子レンジの特徴は「価格が安い」事です。

そのため、家電量販店やAmazonなで販売される電子レンジの中でも「1万円以下の商品」については、よっぽどの事が無い限り「高圧トランス式の電子レンジ」と判断して問題はありません。

また、1万円以上する価格帯の電子レンジでも「50Hz・60Hz専用」の商品もあるのでご注意ください。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥5,100 (2023/11/20 21:27:28時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、どうしても欲しい電子レンジが「高圧トランス式の電子レンジ」の場合や「どっちなのか分からない?」場合もあるので、その際は電子レンジメーカーに確認する事がおすすめです。

注意が必要

家電量販店で確認することはおすすめしていません。

まとめ

この記事では【ポータブル電源】電子レンジをポタ電で使いたい方必見!「○○式」は必ずチェックについて解説をしましたが、ポータブル電源で電子レンジの使用をお考えの方はくれぐれもご注意ください。

記事のまとめ

 電子レンジには「インバーター式の電子レンジ」と「高圧式の電子レンジ」の2種類がある

 高圧式の電子レンジは起動電力が大きいため、ポータブル電源で使用する場合は注意が必要

 定格出力の「3倍以上の電力」が必要なものも珍しくない

 高圧式の電子レンジの見分け方は?⇩⇩⇩

①:50Hz専用(東日本専用) 60Hz専用(西日本専用)などの記載がある
②:1万円以下~1万円台前半の電子レンジは「高圧式の電子レンジ」がほとんど

 「高圧式」の記載がない場合はメーカーに確認することがおすすめ

最後までご覧頂きありがとうございました。

お問合せ

ポータブル電源(業務用ポータブル電源)に関するご質問・ご購入についてのご相談(お支払い方法・お見積り・ご請求書等)はこちらから。
※LINE【公式】からのご相談も承っております。

    お問合せはこちら

    En Beau lo・LINE【公式】

    • この記事を書いた人

    エンビューロ


    ★法人・個人事業主のポータブル電源専門店|株式会社エンビューロ
    ★事業内容
    ・法人・個人事業主向けポータブル電源専門店
    (個人の方は要相談)
    ・BCP対策用 補助金(助成金)申請業務全般
    ・医療用蓄電池
    ・LPG発電機(BCP対策用)施工管理
    ・屋外イベント向け大容量ポータブル電源各種
    ・車載サブバッテリーの販売及び施工
    ・EV充放電機
    ★専門分野
    ・ポータブル電源
    ・BCP対策全般
    ・車載バッテリー
    ・建築(戸建・収益・医院建築)
    ★保有資格
    ・宅地建物取引士
    ・測量士補
    ・第二種電気工事士

    -ポータブル電源