【ポータブル電源】購入前に知っておきたい電気用品安全法:PSE法の本当の意味 

ポータブル電源の多くが海外から輸入されたものですが「国産(日本製)だから安全」「海外製品だから不安」と判断するのは間違いです。

国内(日本)には電気用品安全法(通称:PSE)という法律があり、電気用品の製造・販売等が厳しく規制されているのです。

この電気用品安全法:PSEは身近にあるさまざまな「電化製品」にも適用されているため、PSEマーク(下画像)を目にする機会も多いのですが、ポータブル電源を購入する場合に於いても「マークの意味」を知っておくことは重要です。

電気用品安全法:PSEの意味は?

  • Product・・製品
  • Safety・・安全
  • Electrical appliance & materials・・電気器具・材料

これらの頭文字をとって「PSE(以下:PSE)」と呼ばれます。

※PSEの表示:特定電気用品(左) 特定電気用品以外の電気用品(右)

そこでこの記事では、ポータブル電源を購入する前に知っておきたい「電気用品安全法:PSEの本当の意味」について解説をします。

電気用品安全法:PSE法とは

先ずは簡単にPSE法について解説をします。

PSE法の目的

  • 電気用品の製造・輸入・販売等を規制
  • 電気用品の危険・障害の発生を防止

ここで言う「電気用品」とは、一般用電気工作物やモバイルバッテリーなど457品目(令和元年時点)が指定されています。

マークの違い

  • ひし形のPSEマーク・・ACアダプターや延長コードなど
  • まる型のPSEマーク・・冷蔵庫や電子レンジなど

457品目を細かく解説する必要も無いため、ここではマークの違いを次のように覚えておくと分かり易いです。

  • まる型PSEマークよりも、ひし形PSEマークの電気用品の方が「不具合が発生した場合に感電・火災などの影響が大きい」電気用品

このようにマークの違いから「ひし形PSEマーク」の方が感電や火災のリスクが大きいと判断する事ができるのです。

【Amazon限定ブランド】BALDR ポータブル電源500W 大容量 124600mAh/461Wh 家庭用蓄電池 PSE認証済み 純正弦波 三つの充電方法 AC(500W 瞬間最大1000W) USB急速充電 PD3.0対応 ワイヤレスチャージャー パススルー充電対応 LEDライト/SOS機能付き 車中泊 キャンプ アウトドア 防塵防水蓋 防災グッズ 停電時に非常用電源 ソーラー充電(BALDR 500)
Amazon.co.jp: 【Amazon限定ブランド】BALDR ポータブル電源500W 大容量 124600mAh/461Wh 家庭用蓄電池 PSE認証済み 純正弦波 三つの充電方法 AC(500W 瞬間最大1000W) USB急速充電 PD3.0対応 ワイヤレスチャージャー パススルー充電対応 LEDライト/SO...

PSEマークの信憑性

PSEマークの違いについて解説をしましたが、そもそもPSEマークの信憑性についてはどの程度なのか?についても解説をします。

PSEマークは「届出制」

冒頭、電気用品の製造・販売等が厳しく規制されているとお伝えしましたが、PSEマークはそもそも「届出制」となっているため、規制と言いつつも「実はゆるゆる」なのです。

届出制のポイントを簡単に解説

  • 届出は「海外企業の名前」で行う事は出来ない ⇨ 海外メーカーは「日本法人」を設立する必要がある
  • 届出制のため、是正勧告があった場合に於いても「強制力は無い」
  • 「簡易表示」もOK ※充分なスペースがある場合はNG

PSEマークの取得を主張するメーカーも中にはありますが、届出制については「販売しても良いが届出だけはお願いします」程度のもので、「許可」や「認可」とは全く意味が異なります。

PSEマークの表示方法

PSEマークの表示内容についてはPSE法の中で決まりがあるのですが、そもそも表示方法については「シールなどで表示」する事も認められているため、簡単に偽装することが出来ます。

もちろん、違反を犯した業者には「罰則規定」が適用されるのですが、PSEマークがあるからと言って「100%信用出来るか?」と聞かれれば「答えはNO」です。

※PSEマークの信憑性を確認する場合は「経済産業省:産業保安グループ製品安全課」に問合せてみるのもおすすめです。

EcoFlow ポータブル電源 RIVER mini ワイヤレス充電対応 58,333mAh/210Wh 大容量 X-Stream急速充電 AC(300W 瞬間最大600W)/DC/USB出力 キャンプ 車中泊 防災グッズ 停電時にバックアップ電源 ソーラー充電 小型軽量 エコフロー 蓄電池 (RIVER miniワイヤレス充電タイプ)
Amazon.co.jp: EcoFlow ポータブル電源 RIVER mini ワイヤレス充電対応 58,333mAh/210Wh 大容量 X-Stream急速充電 AC(300W 瞬間最大600W)/DC/USB出力 キャンプ 車中泊 防災グッズ 停電時にバックアップ電源 ソーラー充電 小型軽量 エコフロー 蓄電池...

ポータブル電源のPSEマークについては?

海外製のポータブル電源を購入する際に「PSEマーク」を基準に購入を考える方もいますが、結論から言うと「ポータブル電源にPSEマークの表示義務はありません」

※経済産業省のFAQはこちら

特定電気用品の中に「蓄電池」の項目はあるのですが、PSE法で言う「蓄電池」とは直流で出力されるものと定義されているため、一般的なポータブル電源(コンセントが使えるもの)に於いては「交流で出力」されるため、PSEマークの表示の必要が無いのです。

また、オフィスなどでも使用されるUPS(無停電電源装置)についてもPSEマークの表示の必要が無いため、「PSEマークの有無で善し悪しを判断」するのはおすすめ出来ません。

※UPS(無停電電源装置)におすすめのポータブル電源はこちら⇩⇩⇩

【移動型蓄電池・ポータブル電源】大容量|UPS搭載機種を解説
通常、パソコンの電源を切る際はマウスを操作した上で「シャットダウン」を行います。これは、パソコンも含めたIT機器全般(以下:パソコン等)に共通していることですが、電源をいきなり落とすとデータが壊れたり本体そのものが故障するリスクが...

ポータブル電源とモバイルバッテリー

ポータブル電源にはPSEマークの表示義務(届出の必要)はありませんが、モバイルバッテリーの場合は「届出の義務(全てではありません)」がありますの、モバイルバッテリーを購入する場合は「PSEマークがあるもの」を選ぶようにしてください。

※ポータブル電源とモバイルバッテリーの違いについてはこちら⇩⇩⇩

【移動型蓄電池・ポータブル電源】モバイルバッテリーとの違いは?
ポータブル電源とモバイルバッテリーは何が違うのか?について分かり易く解説をします。この記事を読むことで「蓄電池」の種類や違いの基本的な事が分かります。ポータブル電源の言葉の意味が「いまいち分からない」方は是非ご覧ください。

安全なポータブル電源を探す

これまで解説をした通り「PSEマーク」については、製品の安全性を「認可・承認」された物ではない事が分かりました。

では、購入者(お客様)が安全なポータブル電源を探すには「どうすれば良いのか?」についても解説をします。

ポータブル電源の事故情報をしらべる

知らない方も多いかと思いますが、ポータブル電源に限らず「あらゆるものに関する事故情報」をnite(ナイト):独立行政法人・製品評価技術基盤機構のWebサイトから確認することが出来ます。

nite(ナイト):独立行政法人に関する記事はこちら⇩⇩⇩

【移動型蓄電池・ポータブル電源】購入前に必ずチェック|事故情報
ポータブル電源の購入以外でも知ってきたい「事故情報」。あらゆる家電製品や日用品の事故情報について検索する方法を解説します。ポータブル電源を購入する場合も、簡単に調べることが出来ます。意外と知らない方が多いので「事故情報」を知りたい方はぜひご覧ください。

ポータブル電源の事故情報についても、具体的なメーカー・品番まで報告されていますので興味のある方はご覧ください。

また、世の中の「リコール情報」についても下記のサイトから確認することが出来るので、ポータブル電源以外でもお使い頂けます。

※リコール情報の確認はこちら⇩⇩⇩

リコール情報サイトトップページ|消費者庁
このサイトは、商品に関する何らかの欠陥、...

ポータブル電源の専門店に確認する

ポータブル電源の専門店に確認する理由は「公平性」です。

ポータブル電源メーカーには「コールセンター」などが設置されている場合も多く、気軽に問合せをする事が出来ます。

しかし、ポータブル電源メーカーに限った事ではありませんが「自社製品に不利な情報」を積極的に開示される事はありません。

そのため、本来、お客様が知りたい「過去のトラブルやリスク」についての情報を得る事は難しいと考えておくべきです。

その反面、ポータブル電源を取り扱う「専門店」の場合は「安全性や性能(コストパフォーマンスなども含め)」を重視しているため一つのメーカーへの拘りがありません。

結果、公平な視点で「ポータブル電源の品定めをする事を生業」としていることもあり、ポータブル電源の購入を悩んでいる方や、機種選びに自信の無い方は相談される事がおすすめです。

まとめ

この記事では、ポータブル電源の購入前に知っておきたい電気用品安全法:PSEの本当の意味について解説をしました。

ポータブル電源の販売に関して「PSEマークを主張する」メーカーや販売店なども見受けられますが、解説した通り、ポータブル電源にはPSE法の届出義務がありません。

また、ポータブル電源の一部の機種にも使用される「リン酸鉄リチウムイオン電池」についても、セル体積エネルギー密度が低いためPSE法の届出には該当しません。

このように「PSEの本当の意味」を知れば、「PSEマークの有無」でポータブル電源の善し悪しを判断する事は「信憑性に欠ける」と断言できます。

ポータブル電源に限らず、世の中には「誤った情報」が独り歩きしている事もあるので、判断に迷われた時は「専門店や専門家」に相談してみては如何でしょうか?

※ポータブル電源専門店:En Beau lo(丸紅エネブル:正規販売代理店)はこちら⇩⇩⇩

Wakuto.consulting

※各種お問合せはこちら⇩⇩⇩

お問合せ
ポータブル電源に関するご相談は「ポータブル電源専門店・En Beau lo:エンビューロ」まで、お気軽にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました