【移動型蓄電池・ポータブル電源】大容量|UPS搭載機種を解説

通常、パソコンの電源を切る際はマウスを操作した上で「シャットダウン」を行います。

これは、パソコンも含めたIT機器全般(以下:パソコン等)に共通していることですが、電源をいきなり落とすとデータが壊れたり本体そのものが故障するリスクがあります。

シャットダウンをしても「直ぐに電源が落ちない」理由は、そのようなリスクを避けるためにパソコン等の内部で安全に電源を落とすための作業(データ保存など)が行われているからです。

パソコン等の電源操作に少し触れたところで、ここからは次のポイントについてを分かり易く解説します。

  • UPS(無停電電源装置)の必要性
  • 移動型蓄電池・ポータブル電源|大容量|UPS搭載機種を解説

この記事を読んで頂くことでUPS(無停電電源装置)が必要な理由と、移動型蓄電池・ポータブル電源に必要な蓄電容量を理解する事が出来ます。

停電情報
関西電力送配電株式会社の「過去の停電一覧」のページです。過去の停電一覧についてご案内いたします。

UPS(無停電電源装置)の必要性

UPS(無停電電源装置)とは、停電などでパソコン等の電源がいきなり落ちる事を防いでくれる「バッテリー」の事です。

UPS(無停電電源装置)を簡単に解説すると

  • 停電時にパソコン等の電源が安全に落とせるように「時間と電力をバックUPしてくれる機器」

の事を言います。
※ソフトウェアを使うことにより、安全に「停止命令(シャットダウン信号)」を送る事も出来ます。

停電時の備え

UPS(無停電電源装置)の役目をご理解頂けたところで、ここからは実際におこる「リスク」について解説をしていきます。

「リスク」と聞くと多くの方が「停電?」と思う反面、「停電なんてここ数年経験していない」と答える方も多いのでは無いでしょうか?

※引用:関西電力「停電情報」より

先ずは上の表をご覧ください。

これは、2022年4月16日に発生した「関西電力エリアで起こった停電の履歴」になるのですが、短時間の停電がこの日だけで6件発生している事が見て取れます。
※関西電力:停電情報はこちら

短い停電だと「南あわじ市で発生した1分間の停電」になるのですが、実はこのような停電(数分~数時間単位)は頻繁に発生しているのです。

日の出から日没までの「明るい時間帯」に発生した停電だと気づかない人もいるのですが、この短時間の停電でさえパソコン等には致命傷となる事は、冒頭の、シャットダウンをしても直ぐに電源が落ちない理由を知っている方であれば容易に理解できるはずです。

停電以外のリスク

発電所から電気が供給されない「停電」以外にも、パソコン等が受けるリスクは潜んでいます。

  • 人為的なミス ➡ 誤ってコンセントを抜いてしまう
  • 落雷や設備(発電機や無線装置)から受けるノイズ干渉
  • 落雷により、供給される電圧が急上昇する
  • 電力会社が行う送電線の切替え時に発生する「瞬時停電」

このような事が発生した場合にパソコン等が受ける影響としとは次のものがあげられます。

  • メモリの停止
  • システムロックやシステムクラッシュ
  • データの破損
  • ハードウェアの破損
  • プログラムやデータファイルに不具合が発生

パソコンを起動した際、普段と違う画面が映し出された経験をお持ちの方もいるでしょう。

これは、これまで解説をした「リスク」にパソコン等が晒された事によるものかも知れません。

このような不測の事態から、大切なデータが大量に保管されたパソコン等を守る必要があるのでUPS(無停電電源装置)が必要となるのです。

移動型蓄電池・ポータブル電源|大容量|UPS搭載機種を解説

UPS(無停電電源装置)があれば「移動型蓄電池・ポータブル電源」は必要無いのでは?と考える方もいますが、実際はそうではありません。

UPS(無停電電源装置)に搭載される蓄電容量では10分程度しか電力供給が行えないため、バックアップに時間がかかるパソコン等の場合は、移動型蓄電池・ポータブル電源も必要となるのです。

そうなると、UPS(無停電電源装置)とポータブル電源の両方を用意する必要があるのか?と疑問に思われる方もいますので、ここからは「移動型蓄電池・ポータブル電源の中でも大容量|UPS搭載機種」について解説をします。

UPS搭載機種:蓄電容量と切替え時間を比較

ここではUPS(無停電電源装置)機能を搭載した移動型蓄電池・ポータブル電源をご紹介します。
※医療用蓄電池は別記事で解説(表下:バナーリンク)

メーカー型  番蓄電容量UPS(切替え時間)
※10ms=0.01秒
販売価格(税抜)
新潟電子工業NE-BAT1000-B/Y1,000Wh0.01秒オープン価格
EcoFlowEcoFlow DELTA Pro3,600Wh0.03秒363,000円
EcoFlowEFDELTA (1260Wh)1,260Wh0.05秒126,818円
EcoFlowEFDELTA (1008Wh)1,008Wh0.05秒118,000円
東西商事MU2000WE2,048Wh0.02秒262,000円
ニチコン
※医療用OK
ESS-P1S12,000Wh0.01秒550,000円
エリーパワーPPS-302,500Wh0.04秒オープン価格
プライム・スターPR-HUG-5100BK5,120Wh0.02秒オープン価格
※UPS(無停電電源装置)搭載機種の一例

UPS(無停電電源装置)の切替に要留する時間と蓄電容量を比較しましたが、切替え時間が早い機種ほどパソコン等に与える影響も最小限に抑える事が出来ます。

※医療用蓄電池|UPS(無停電電源装置)搭載に関する記事はこちら⇩⇩⇩

ディープフリーザー向け医療用蓄電池|動作確認済み厳選機種3選
医療現場では新型コロナウイルスワクチンを適切に管理・保管するためのディープフリーザー(超低温冷凍庫)の需要が増え続けています。この記事ではディープフリーザー会社が実際に動作確認を行った医療用蓄電池|厳選機種3選をご紹介します。

まとめ

この記事では、UPS(無停電電源装置)の必要性、パソコン等が日常的にさらされているリスク、UPS機能を搭載したポータブル電源についてそれぞれ解説をしました。

冒頭にも解説をしましたが「停電」は、ほぼ毎日のようにどこかで発生しています(大手電力会社:停電情報アプリで確認することも可能)。

この記事を書いている2022年4月17日だけでも「大阪府で4件の停電」が発生(下:図)している事からも分かる通り、停電の発生は決して珍しい事では無いのです。

※引用:関西電力「停電情報」より

そのため、最近では業種を問わず多くの企業がUPS(無停電電源装置)の導入を進めていますが、移動型蓄電池・ポータブル電源も併せて導入する企業も増えています。

特に医療機関に於いては「UPSとポータブル電源の設置」はスタンダードになりつつあります。

この記事をきっかけにUPS(無停電電源装置)が搭載された移動型蓄電池・ポータブル電源を検討してみては如何でしょうか。

ポータブル電源専門の販売サイト「ポポサプ」はこちら⇩⇩⇩

Wakuto.consulting

※各種お問合せはこちら⇩⇩⇩

お問合せ
【各種お問合せ】【新電力お申込】【ポータブル電源】に関するご相談・お見積りはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました