【ポータブル電源】購入初心者が失敗する「予算の考え方」|失敗しない「予算の決め方」

2022年7月16日

ポータブル電源の購入をしたことが無い「初心者」からすれば、何を一番最初に決めれば良いのか?考えれば良いか?が分かりません。

そのため、何となくグーグルで調べてみたりYouTubeで検索したりする事も多いようですが、実はそこにも「答えは無い」のが現状です。

YouTube-home-page

そこでこの記事では、【ポータブル電源】購入初心者が失敗する「予算の考え方」|失敗しない「予算の決め方」について、ポータブル電源の専門店が解説をします。

ポータブル電源に関する「難しい内容」は一切ご紹介しませんので方の力を抜いてご覧ください。

※この記事の内容は動画でもご覧いただけます⇩⇩⇩

ポータブル電源初心者が一番最初にすること

ポータブル電源の購入が初めての初心者の方が、一番最初にすることは「目的を決める」事です。

ここがポータブル電源選びに於いて「最も重要な事」です。

この目的が決まらなければ「何を購入すれば良いのか?」は誰にも分かりません。

  • ポータブル電源選びは「目的」を真っ先に考える

予算を先に決めると失敗する

目的が決まれば、次に「ポータブル電源の購入予算」を決めて行きます。

ポータブル電源の購入を考えはじめた方が情報収集をしている中で、最初の頃に気付くのは「価格の幅」についてです。

価格の幅とは「安いものから高いものまで」と言った意味ですが、ポータブル電源の商品ページなどを見ると「数字がいっぱい並んでいる」こともあり、読むのが面倒だと感じる人も多い筈です。

Portable-power-supply-instruction-manual
※ポータブル電源の仕様について記載のあるページ

そのため、上図のような仕様書を読む事もなく「先ずは予算(購入予算)」を先に決める方が多いのです。

しかし、ここでお伝えしたい事は「予算内で購入できるポータブル電源=思い通りの使い方が出来る」とは限らないのです。

「予算ありき」で購入すると失敗する

例えば「車」を例に考えると分かり易いのですが、車の場合は新車であっても中古車の場合でも、性能や快適さを除けば「目的地へ到着」することが出来ます。

used-and-new-cars

そのため、車を購入する際は「予算」を決めている方も多いと思うのですが、ポータブル電源を購入する場合に於いては「予算ありき」で購入すると失敗する事が多いのです。

なぜ?失敗するのか

例えば、停電対策用に購入するポータブル電源の「予算を5万円」とした場合・・・

  • ポータブル電源の容量(蓄電容量)は400Wh前後が一般的

この5万円のポータブル電源:400Whの容量(蓄電容量)で使える家電は・・・

  • 携帯電話の充電(スマートフォンの充電だけであれば20回程度)
  • 液晶TV(40型)を3.5時間程度みる事が出来る
  • LEDの照明が数時間使える

ですが。

停電の際に使いたい家電・・・

  • 電気ポット・・・殆どの電気ポットは使えません
  • 冷蔵庫・・・小型の冷蔵庫は「使えるかも」知れません
  • 電子レンジ・・・使えません
  • エアコン・・・使えません

は使用する事が出来ません。

停電対策が目的で購入したポータブル電源のはずが、これらの家電が使用出来ない事を知るのは「購入した後」だと言う方も珍しくありません。

「車の購入」とは違い、ポータブル電源の場合は「予算ありき」で購入すると「目的が達成できない(目的地へ到着できない)」事が多いので気を付ける必要があります。

ポータブル電源を購入する際の「予算」の決め方

Calculator-and-money-on-the-desk

そのため、先に「ポータブル電源の購入予算」を決めるのでは無く順序としては⇩⇩⇩

  • 停電時に「使用したい家電」を決める
  • その「家電を何時間使用したいか?」を考える
  • その「その時間に見合った容量(蓄電容量)」のポータブル電源を探す
  • その時点で「自分に必要なポータブル電源の相場」を知る
  • その上で「予算を決める」
  • 購入方法を検討する
    ①そのまま購入する
    ②ローンで購入する
    ③予算を下げて検討する

このような順序で「予算」を決めれば、購入する際に失敗することもありません。

※家電の使用時間に関する記事はこちらをご覧ください⇩⇩⇩

合わせて読みたい

まとめ

ポータブル電源の購入に関しては「難しい」と考えている方も多いようですが「失敗しない」ためにも、購入時にはメーカーや専門店にご相談される事がおすすめです。

  • 予算を先に決めると「失敗」する
  • ポータブル電源の価格は「使用出来る家電の数」に比例する
    安価なポータブル電源=使える家電は限られる
    ※高額のポータブル電源=日常生活に必要な家電の殆んどが使用できる
  • 停電時に「使用したい家電」を真っ先に考える
  • その上で「必要な容量のポータブル電源」を探して「相場」を知る
  • 購入方法を相談・検討する

お問合せはこちら

LINE【公式】

ポータブル電源専門店

En Beau lo|エンビューロ

  • この記事を書いた人

エンビューロ


★法人・個人事業主のポータブル電源専門店|エンビューロ
★事業内容
・法人・個人事業主向けポータブル電源専門店
(個人の方は要相談)
・BCP対策用 補助金(助成金)申請業務全般
・医療用蓄電池
・LPG発電機(BCP対策用)施工管理
・屋外イベント向け大容量ポータブル電源各種
・車載サブバッテリーの販売及び施工
・EV充放電機
★専門分野
・ポータブル電源
・BCP対策全般
・車載バッテリー
・建築(戸建・収益・医院建築)
★保有資格
・宅地建物取引士
・測量士補
・第二種電気工事士

-ポータブル電源