【ポータブル電源】作業しづらい隙間を高圧洗浄機を使って草刈りしませんか

2022年3月3日

高圧洗浄機で草刈り⁈

先に言っておきますが、歩道の脇や公園の片隅に生い茂る雑草を高圧洗浄機で草刈りをするのではなく、地面と壁の隙間やタイルの目地(めじ)に蔓延(はびこ)る雑草を高圧洗浄機で草刈りをする方法のご紹介です。

この記事では移動型蓄電池・ポータブル電源と高圧洗浄機で草刈りをするメリットとデメリットについて解説します。

※電源設備があれば高圧洗浄機を準備すれば済むのですが、この記事では電源設備がないような場所(歩道や共同住宅の敷地内など)での作業に限定しています。

weed-on-the-sidewalk
※歩道と壁の隙間に生える雑草

移動型蓄電池・ポータブル電源と高圧洗浄機で草刈りをする

画像のように雑草が生えている場所は至る所にありますが、草刈りをする際このような隙間に生える雑草を刈るのは一苦労です。

手の力で引き抜こうと思っても根っこの部分だけが残ってしまったり、目地の隙間に生えている雑草などは掴む事さえ出来ません。

そこで活躍するのが高圧洗浄機です。

ポータブル電源専門店

En Beau lo|エンビューロ

高圧洗浄機で草刈りをするメリット

高圧洗浄機を使用するメリットは主に下記のような場所に生えている雑草を刈る時です。

・短くて手で掴むことが出来ない雑草

weed-on-the-sidewalk

・工具や草刈り機が使えない場所に生えている雑草

weed-on-the-sidewalk

・コンクリートの壁の隙間に生える雑草

weed-on-the-sidewalk

三枚目の画像のような場所だと地面も壁もコンクリートなので草刈り機を使うのは危険です。

このような場所こそ移動型蓄電池・ポータブル電源と高圧洗浄機で草刈りをするのが効果的です。

ポータブル電源専門店

En Beau lo|エンビューロ

高圧洗浄機で草刈りをするデメリット

次に、高圧洗浄機で草刈りをする場合のデメリットです。

・水が無い(水道・水路など)場所では事前に水を準備する必要がある

high-pressure-washer
※コンテナに水を入れて使う

・人通りの多い場所(泥水や草が飛び散る)

このような場面では高圧洗浄機を使うのは難しいかも知れません。

まとめ

この記事では高圧洗浄機で草刈りをするメリット(場面)やデメリットについて解説しました。

電源設備が無い場所でも移動型蓄電池・ポータブル電源があれば高圧洗浄機は使えますが、「水」が無い場所や人通りが多い場所での使用は難しいため一概に「便利」とは言い切れません。

しかし、ご自身が所有されている自宅やアパート、或いは会社の敷地内であれば水も確保し人通りも制限することが出来るので、そのような場所(場面)に於いては移動型蓄電池・ポータブル電源と高圧洗浄機を使った草刈りはおすすめだと言えます。

a-man-who-weeds-wi-h-a-high-pressure-washer
※アパート共用部分での除草作業

最後に、充電式の高圧洗浄機を使えば良いのでは?と言われそうですが、両者(100Vコンセント用・充電式)を比較すると充電式はパワーに問題があり除草作業も思うような結果が得られないため、ここでは100Vコンセント用をおすすめします。

移動型蓄電池・ポータブル電源のレンタルも行っていますので、一度、試してみては如何でしょうか?

お問合せはこちら

LINE【公式】

ポータブル電源専門店

En Beau lo|エンビューロ

  • この記事を書いた人

エンビューロ


★法人・個人事業主のポータブル電源専門店|エンビューロ
★事業内容
・法人・個人事業主向けポータブル電源専門店
(個人の方は要相談)
・BCP対策用 補助金(助成金)申請業務全般
・医療用蓄電池
・LPG発電機(BCP対策用)施工管理
・屋外イベント向け大容量ポータブル電源各種
・車載サブバッテリーの販売及び施工
・EV充放電機
★専門分野
・ポータブル電源
・BCP対策全般
・車載バッテリー
・建築(戸建・収益・医院建築)
★保有資格
・宅地建物取引士
・測量士補
・第二種電気工事士

-ポータブル電源