【移動型蓄電池・ポータブル電源】寿命はどれくらい?

移動型蓄電池・ポータブル電源の寿命はどれくらい?か気になる方は多いのでは?

容量の少ない移動型蓄電池・ポータブル電源でも購入するには数万円の費用がかかります。

その為、購入をする前(買った後でも?)にどうしても気になるのが「寿命」です。買ったは良いものの直ぐに寿命を迎えるようでは購入するのを躊躇(ためら)ってしまいます。

そこでこの記事では、【移動型蓄電池・ポータブル電源】寿命はどれくらい?について解説します。

移動型蓄電池・ポータブル電源の寿命を調べる

移動型蓄電池・ポータブル電源には色んなタイプ(容量・機能が違う)があります。

そこで今回は販売しているECサイト(出典:モノタロウ参考サイトはこちら)を参考に移動型蓄電池・ポータブル電源の寿命について調べてみました。

寿命についての表記

具体的な機種は紹介しませんが、調査した移動型蓄電池・ポータブル電源に表記されている寿命についていくつか紹介します。

◇「寿命」についての調査結果
売れ筋上記機種には記載なし
・充電容量150Wh ⇒ 充電回数約500回
・充電容量1000Wh ⇒ 電池寿命10年間※説明分の中に記載
・大手メーカー機種 ⇒ 保証期間2年

このように移動型蓄電池・ポータブル電源には寿命についての表記に統一性が無く、それに加え充電回数や電池寿命の記載が無い機種の方が多いのです。※商品カタログには記載があるはず。

この事から移動型蓄電池・ポータブル電源の寿命については明確な決まりが無く表現方法?は各メーカーに委ねられている事がわかります。

寿命を判断するには?

移動型蓄電池・ポータブル電源の寿命を判断するには「充電回数」が重要になります。

その根拠は、電池寿命○○年と記載があるものに関して解説しますが、電池寿命とは別に【※使用環境によって異なります】と記載があります(記載が無いものも有り)。

この意味は充電回数によって寿命は違いますと言っているのです。

年の為、同様の表記があるメーカー数社に確認をしたのですが「○○年は使えますが、お客様の使用頻度によります」との回答で、充電回数に関しても実に曖昧な返事でした。

この事から移動型蓄電池・ポータブル電源の寿命を判断するには「充電回数」が重要だと分かります。

寿命を充電回数から判断

例えば充電容量500Wh・充電回数500回と記載のある機種で解説をします。

◇充電回数の定義・・充電残量が100%から0% ⇒ 0%から100%を繰り返した場合(充電サイクル)を意味しています。

◇100%から0%の定義・・急速に電力を使用(短時間)した場合を想定している。
※一部のメーカーでは定義も曖昧であった為、購入前にメーカーへ確認することをおすすめします。

要するに、充電残量が100%時に短時間で0%まで使用し、充電が無くなればフル充電を繰り返した場合500回で寿命に達するという事になります。

しかし、このような充電サイクルは移動型蓄電池・ポータブル電源に多大な不可が掛かる為、実際は充電残量が60%を下回ったころから充電をすることをおすすめします。

実際の充電回数はどれくらい?

某メーカーの技術担当者に確認をしたのですが「充電回数に記載があるものであれば実際はその3倍から5倍の充電回数は大丈夫」との事でした。

しかし、先に解説したような負荷が掛かる使用方法だと充電回数500回に限りなく近づきますのでご注意を。

寿命をむかえたらどうなる?

電池寿命10年や充電回数を超えた場合でも移動型蓄電池・ポータブル電源が突然使えなくなることはありません。

目安の期間や充電回数が超えたあたりから徐々に充電容量が減りはじめますが、それまで通りの家電を使うのに支障はありません(※使用できる時間が短くなります)。

※ポータブル電源の寿命に関する他の記事はこちら⇩⇩⇩

【ポータブル電源】バッテリーを長持ちさせる方法と保管場所を解説
ポータブル電源やスマホにはリチウムイオンバッテリーが内臓されていますが経年と共に使用できる時間が短くなります。特にスマホの場合「最近バッテリーの減りが早い・・」などと感じた事があると思いますが、これはバッテリーの劣化によるものです。

まとめ

今回は移動型蓄電池・ポータブル電源の寿命はどれくらい?なのかについて解説をしましたが、実際は移動型蓄電池・ポータブル電源で使用する予定の家電を調べてから購入することをおすすめします。

容量が大きなものを選ぶ事により、移動型蓄電池・ポータブル電源への負担が軽減でき長年に渡って使用ができるのです。

移動型蓄電池・ポータブル電源を購入される際は「価格やデザイン」だけで選ばず「寿命」も検討材料にしてみては如何でしょうか。

ポータブル電源専門の販売サイト「ポポサプ」はこちら⇩⇩⇩

Wakuto.consulting

コメント

タイトルとURLをコピーしました