【ポータブル電源】個人でもPCの停電対策が必要⁈|停電情報アプリ

チャンネル登録お願いします!
チャンネル登録お願いします!

コロナ禍をきっかけに2021年はフリーランスの方が急増したのですが、令和3年に国土交通省が発表した調査結果に於いても「テレワーク人口が過去5年間で最多」を記録しています。

このような働く環境の変化に伴い、自宅で仕事をする個人の方でもPCの停電対策が必要な世の中となりました。

※停電対策:UPS(無停電電源装置)に関する記事はこちらをご覧ください⇩⇩⇩

【移動型蓄電池・ポータブル電源】大容量|UPS搭載機種を解説
通常、パソコンの電源を切る際はマウスを操作した上で「シャットダウン」を行います。これは、パソコンも含めたIT機器全般(以下:パソコン等)に共通していることですが、電源をいきなり落とすとデータが壊れたり本体そのものが故障するリスクが...

しかし、企業をはじめ個人の方でも未だ停電対策は進んでおらず、UPS?と聞いても言葉の意味さえ知らない方も多いのが現状です。

そこでこの記事では、ポータブル電源で出来る「個人の方におすすめ!PCの停電対策」と、停電情報について簡単に知ることができる、停電情報アプリについて解説をします。

在宅ワークをされている方で未だ停電対策がお済で無い人は、ぜひ最後までご覧ください。

APC(エーピーシー) 無停電電源装置 UPS ラインインタラクティブ給電 長寿命バッテリー 正弦波 3年保証 BR550S-JP
中小規模ビジネス、家庭向けの大容量でかつ、自動電圧調整機能(AVR)が付いた電源バックアップソリューション(UPS)
スポンサーリンク

個人でもPCの停電対策が必要な理由

停電と聞くと地震や台風の被害をイメージされる方も多いようですが、実は「停電」は頻繁に発生しているのです。

「頻繁に発生している」と言っても、中には「人が気づかないような停電」もあるため実感がない人も多いでしょう。

Table-of-Number-of-Power-Outages
※停電発生件数の検索結果

しかし、このような「人が気づかない停電」は毎日のように多くの場所で発生している事が「停電情報アプリ」を使えば知ることが出来ます。

※関西電力が提供する「関西停電情報」

東京電力停電情報アプリはこちら

人が気づかない停電でも「PCには致命傷?」

人が気づかない停電(日中の停電や短時間の停電)は毎日のように発生しているのですが、このような停電はPC(パソコン)にとっては致命傷となることがあります。

たとえ数秒間の停電だとしても、PCの場合は作業中の大切なデータが消えてしまう事があるため、在宅ワークをする方には必須だと言えるのです。

また「停電」は、地震や台風だけで発生する訳ではなく・・

  • 樹木の枝葉が送電線に接触
  • 鳥の巣やヘビなどが影響
  • 大雪
  • 人為的ミスや電圧変動(ノイズ)

なども停電発生の原因となるのです。

Illustration-of-turning-off-the-power-supplied-to-a-personal-computer

※計画停電に関する記事はこちら⇩⇩⇩

【ポータブル電源】専門店が解説|計画停電に備えた対策と必要な容量は?
夏場の電力需要に向けて「計画停電」の話題を目にしますが、計画停電とは「計画的に実施される停電」の事を指し、原則は全ての個人や企業が対象になります。この記事では計画停電の基本的な事と、あれば便利なポータブル電源とその容量について解説をします。

個人で出来るPCの停電対策

一般的に個人で行うPCの停電対策(UPS:無停電電源装置(以下:UPS))は、下画像⇩⇩⇩のようなものが使用されます。

APC(エーピーシー) 無停電電源装置 UPS ラインインタラクティブ給電 長寿命バッテリー 正弦波 1年保証 SMT750J E
正確でわかりやすい情報を複数の言語で表示できます。また、使いやすい移動キーを使用して、ローカルの UPS を構成できます。

知らない方のために簡単に解説をすると、UPSはコンセントとPCの間に設置(接続)することで、停電が発生した際にUPS内のバッテリーに蓄えられた電気を自動でPCに供給してくれる装置の事をいいます。

Image-of-power-supply-from-UPS-to-PC
※UPSのイメージ

そして、この供給された電気を利用することで「安全にPCのデータを保存した後にシャットダウン」するする事ができます。

UPSを使用する際は「注意が必要」

停電が発生した後に、無事UPSが電気の供給を開始したからと言って「そのまま作業を続けている」と、UPS内に蓄えられた電気が不足(蓄えられる電気は少ない)しPCの電源が落ちる事があります。

本来、UPSの目的は「停電時に大切なデータを保存するまでの時間を稼いだり、IT機器の電源を安全にシャットダウンさせる」ことなので「停電時でも作業を継続させる」事が目的では無いのです。

そのため、UPSの本来の使い方を知らなければ、思わぬトラブルに見舞われる事になるので注意が必要です。

【国内正規品】 CLASSIC PRO クラシックプロ 無停電電源装置(UPS) UPS2000PSII
使用状況が一目でわかる液晶ディスプレイを搭載した正弦波出力UPS(無停電電源装置)、PSIIシリーズ。AVR(電圧安定化機能)を搭載し、通常時は商用電源をトランスを通して電圧を補正し給電する小型で軽量、省電力のラインインタラクティブ方式を採用。停電時にPCの自動シャットダウンなどの設定も可能な電源管理ソフトが付属。正弦...

UPS機能を搭載したおすすめのポータブル電源

ここでは、解説したようなUPSの短所を補ってくれるポータブル電源をご紹介しますが、UPSの機能を追求した「プロ仕様」のポータブル電源(エジソンパワーなど)は、また別の機会にご紹介するとします。

UPS機能を搭載したポータブル電源|ASAGAO

ご存知の方も多いかも知れませんが、このASAGAOは同クラスのポータブル電源の中では圧倒的なスペックを誇ります。

中でも、目を見張るのはUPSの切替時間が0.01秒(10ms)という点です。

UPSは切替え時間がとても重要になるのですが、ASAGAOはこの価格帯で10msの切替速度を実現している唯一のポータブル電源と言っても過言ではありません。

その他にもASAGAOには次のような特徴があります。

  • 大容量2,028Wh
  • 定格:2000W ⇨ サージ:4000W
  • リン酸鉄リチウムイオン電池搭載
  • 2年保証

ASAGAOが発売されてまだ1年足らずではありますが、その実力は近年のポータブル電源の中では間違いなくトップクラスと言えます。

この価格帯で検討した場合に、EcoFlow DELTA Max2000が競合?するのですが、性能と価格などを考慮した場合はASAGAOに軍配が上がるのでは無いでしょうか。

まとめ

この記事では、個人でもPCの停電対策が必要な理由と停電情報アプリについて解説をしました。

最後にご紹介したポータブル電源のASAGAOについては、オールマイティーに使えるポータブル電源としておすすめの1台です。

この記事がきっかけで、個人でPCの停電対策をはじめてみたい方やポータブル電源の購入を考えて見たい方は、お気軽に⇩⇩⇩En Beau lo|公式LINEまでお問合せください!

※ポータブル電源の専門店:En Beau loはこちら⇩⇩⇩

Wakuto.consulting

コメント

タイトルとURLをコピーしました