【移動型蓄電池・ポータブル電源】停電時に業務用冷蔵庫を稼働させるには?

移動型蓄電池・ポータブル電源があれば停電時も安心ですが、業務用冷蔵庫を利用されている(飲食店や生鮮食品店など)場合も果たして安心なのか?と考えている方も多いのでは無いでしょうか。

実際に停電が起こった場合、移動型蓄電池・ポータブル電源の蓄電容量が少ないが為に業務用冷蔵庫が使いない(1時間程度しか使えない・・など)では意味がありません。

この記事では、【移動型蓄電池・ポータブル電源】停電時に業務用冷蔵庫を稼働させるにはどれくらいの蓄電容量が必要かについて解説をします。

近年の災害事例からみるインフラ被害

本題に入る前に、ここでは「近年の災害事例からみるインフラ被害」について解説をします。

主な災害 \ インフラ停電戸数電気水道ガス
東日本大震災(平成23年)466万3日後:80%復旧
3ヵ月:完全復旧
7日後:57%復旧
6ヵ月:完全復旧
2ヵ月:完全復旧
熊本地震(平成28年)48万5日後:完全復旧7日後:90%復旧
3.5ヵ月:完全復旧
15日後:完全復旧
大阪北部地震(平成30年)17万3時間後:完全復旧1日後:完全復旧7日後:完全復旧
北海道胆振東部地震(平成30年)295万2日後:99%復旧
1ヵ月:完全復旧
1ヵ月:完全復旧被害なし

電気以外にも水道・ガスを参考までに記載しましたが、電気の場合はおよそ5日以内にほぼ復旧している事がわかります。

では仮に、この5日間「業務用冷蔵庫を運転」させるには、どの程度の移動型蓄電池・ポータブル電源の蓄電容量が必要なのかについて解説をします。

停電時に業務用冷蔵庫を稼働させる

ここからは本題の「停電時に業務用冷蔵庫を稼働させるには?」どれくらいの蓄電容量が必要かについて解説をします。

業務用冷蔵庫の定格消費電力をみる

業務用冷蔵庫にも種類がありますが、ここからはHR-120A 1049L Aシリーズを参考に解説を続けます。

業務用冷蔵庫 ホシザキ HR-120A 1049L Aシリーズ 奥行800タイプ
業務用冷蔵庫 ホシザキ HR-120A 1049L Aシリーズ 奥行800タイプ

◇ホシザキ:HR-120A 10177 A基本スペック
・容量 1049㍑
定格消費電力 冷却時:177W※(50/60Hz地域共通)

お使いの業務協冷蔵庫には必ず定格消費電力(消費電力)の記載がありますので、○○○Wの表示を確認してください。

必要な蓄電容量の計算

では次に必要な蓄電容量の計算をしてみます。

◇計算方法の手順

①ポータブル電源の蓄電容量(搭載電池容量)を入力
②業務用冷蔵庫の定格消費電力(W)を入力
③計算結果に「およその稼働時間」が表示されます。
➡ 稼働時間が足りない場合:ポータブル電源の蓄電容量を増やす必要があります。

◇計算例
蓄電容量2000Whの移動型蓄電池・ポータブル電源で上記の業務用冷蔵庫を使用した場合は、およそ11.3時間の運転が可能になります。

このように蓄電容量と業務用冷蔵庫の定格消費電力から稼働できる時間が計算できるのですが、市販されている大容量ポータブル電源(※BLUETTI EP500 ポータブル電源:5100Wh)でさえこの冷蔵庫が連続運転できる時間は28.8時間が最大となるのです。

BLUETTI EP500 ポータブル電源 5100Wh/2000W 大容量可搬型蓄電池 リン酸鉄リチウムイオン電池 充放電サイクル6000回以上 APP遠隔操作 UPS機能付き キャスター付き 移動に便利 MPPT制御 BMS搭載 防災グッズ 家庭アウトドア両用バックアップ電源
Amazon.co.jp: BLUETTI EP500 ポータブル電源 5100Wh/2000W 大容量可搬型蓄電池 リン酸鉄リチウムイオン電池 充放電サイクル6000回以上 APP遠隔操作 UPS機能付き キャスター付き 移動に便利 MPPT制御 BMS搭載 防災グッズ 家庭アウトドア両用バックアップ電源 : DIY...

では、5日間もの間停電が続いた場合はどのように対処すれば良いのか?

ここからは「その対処法」について解説をします。

Wakuto.consulting

移動型蓄電池・ポータブル電源とソーラーパネル

5日間もの間停電が続いた場合は大容量の移動型蓄電池・ポータブル電源でさえ対処できないの事が分かりましたが、ソーラーパネルと予備の蓄電池を用意する事で長時間の運転が可能になります。

ここからは具体的方法について解説をします。

予備の移動型蓄電池・ポータブル電源を準備する

予備の移動型蓄電池・ポータブル電源とは同じものをもう一台用意することですが、予備の蓄電池だけが購入できる機種もあります。

※予備の蓄電池を検討する場合のおすすめ機種:業務用EPB-3600STの紹介記事はこちら⇩⇩⇩

【移動型蓄電池・ポータブル電源】最強の業務用蓄電池EPB-3600ST
キャンプやアウトドアでも移動型蓄電池・ポータブル電源を使う方が増えてきました。移動型蓄電池・ポータブル電源にはキャンプなどで使う手軽なものから業務用の大容量なものまで、実に多くの種類(容量や機能が違うもの)があります。この記事ではその中でも【移動型蓄電池・ポータブル電源】EPB-3600STについて特徴をご紹介します。

ソーラーパネルで充電

予備の蓄電池があればソーラーパネルで充電することが出来ます。

多くの移動型蓄電池・ポータブル電源はソーラーパネルで充電をすることが可能です(※機種ごとにオプションなどの設定があります)。

しかし、電気を使用しながらソーラーパネルで充電を同時に行うことは蓄電池に多大な負担を与えるため推奨されていません。

従って長期間に渡り停電が発生した場合はソーラーパネルで充電をする予備の蓄電池が必要となるのです。

※ソーラーパネルのイメージ

ローテーションで使う

一台の移動型蓄電池・ポータブル電源を使用している間、もう一方はソーラーパネルで充電します。

こうすることでより長く移動型蓄電池・ポータブル電源を使用することが出来るのです。
※ソーラーパネルで充電をする際は「日照」が必須条件となるので、天候が悪い場合は充電が出来ない可能性もあるので注意が必要です。

まとめ

この記事では【移動型蓄電池・ポータブル電源】停電時に業務用冷蔵庫を稼働させるには?どうすれば良いのかについて解説をしました。

停電時に業務用冷蔵庫を稼働させるには大容量の移動型蓄電池・ポータブル電源が必要なのですが、数日間に渡って停電が続く場合は1台の蓄電池では賄いきれません。

その為、予備の蓄電池やソーラーパネルも必要になるのですが、業務用冷蔵庫の停電対策で使用するのであれば移動型蓄電池・ポータブル電源は業務用がおすすめです(※予備の蓄電池を増設しやすい)。

また、予備の蓄電池を合わせて購入するのであれば「即時償却(即時償却)」も可能(購入価格による)になるので、停電対策がお済でない方はそちらも検討されては如何でしょうか。

※即時償却(減価償却)と新電力に関する記事はこちら⇩⇩⇩

【新電力・減価償却】を利用した移動型蓄電池購入シミュレーション①
法人・個人事業主が移動型蓄電池(ポータブル電源)を購入する際、新電力料金と合わせて検討されるケースが増えています。そこで今回は、新電力への切替と移動型蓄電池を購入する場合の費用対効果について、実際の購入事例をもとにシミュレーションしたものをいくつかご紹介致します。
【新電力・減価償却】を利用した移動型蓄電池購入シミュレーション②
以前の記事で【新電力・減価償却】を利用した移動型蓄電池購入シミュレーション①をご紹介しましたが、この記事では同条件で中小企業等経営強化法における即時償却をした場合について解説をします。

最後に、災害による停電はいつ起こるか分かりませんので停電対策(防災対策)は早めに考える事が重要です。

例年、台風の時期になると停電の件数が増加するのですが、決まって停電の後移動型蓄電池・ポータブル電源の需要が増えます。

停電対策(防災対策)は「何も起こっていない時にする」今がベストタイミングです。

業務用冷蔵庫をお使いで停電対策(防災対策)が未だの方はこれをきっかけに検討されることをおすすめします。

※各種お問合せはこちら⇩⇩⇩

お問合せ
【各種お問合せ】【新電力お申込】【ポータブル電源】に関するご相談・お見積りはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました