【移動型蓄電池・ポータブル電源】災害時|スマホを同時に何台充電できる?

災害時に大規模な停電が起こる事は珍しくありません。

近年に起こった災害時の停電については電気の復旧までに要した時間は下表の通りですが、停電時に使いた家電のBEST3に入るのが「スマートフォンの充電」です。

主な災害 \ インフラ停電戸数電気
東日本大震災(平成23年)466万3日後:80%復旧
3ヵ月:完全復旧
熊本地震(平成28年)48万5日後:完全復旧
大阪北部地震(平成30年)17万3時間後:完全復旧
北海道胆振東部地震(平成30年)295万2日後:99%復旧
1ヵ月:完全復旧
※近年の災害時に起こった停電被害

冷蔵庫や照明機器についても停電時には必要ですが、スマートフォンの充電を必要とする方が圧倒的に多いのが現状です。

そのため、自治会や町内会・マンション管理組合などで常備されるポータブル電源でもスマホの充電が最も重要になる訳です。

この記事では移動型蓄電池・ポータブル電源で災害時にスマホを同時に何台充電できる?かについて解説をします。

※停電時に使いたい家電はこちら⇩⇩⇩

【移動型蓄電池・ポータブル電源】停電時に使いたい家電3選
移動型蓄電池・ポータブル電源の購入を検討されている方や既にお持ちの方であれば、停電時に使用することは当然考えているはずです。この記事では台風の被害による大規模停電を経験された方にお聞きした「停電時に使いたい家電」から上位3選をご紹介します。

スマホを同時に何台充電できる?

ここではiPhoneを例に計算方法を順に解説します。

定格消費電力を確認

充電器(画像:iPhone用充電器)の差し込みプラグ側には「Output:5V-1A」と表示されています。

この充電器でスマートフォンを充電をするには、5V×1A=5Wの電力が必要となります。

これは定格消費電力と呼ばれるもので、どのような家電にも記載があります。

※定格消費電力に関する記事はこちら⇩⇩⇩

【移動型蓄電池・ポータブル電源】家電が使える時間を計算!
動型蓄電池・ポータブル電源をキャンプやアウトドア、或いは防災用として購入される方が増えていますが、実際に購入してみると思い通りに使えなかったり、充電の減りが想像以上に速い場合があります。この記事では移動型蓄電池・ポータブル電源が実際に何時間使える?のかについて解説します。

起動電力と変換効率

ポータブル電源で家電を使用するには、起動電力と変換効率を知る必要があります。

冷蔵庫やエアコンの場合は起動電力が多きいため、ポータブル電源を選ぶ際にはある程度の知識が必要となるのですが、今回のスマートフォン充電器の場合は起動電力は検討の必要がありません。

※起動電力を知りたい方はこちら⇩⇩⇩

【移動型蓄電池・ポータブル電源】購入前に必ず確認「瞬間最大出力」
移動型蓄電池・ポータブル電源を購入する際に容量の確認をするのですが「瞬間最大出力」の確認をしない方は意外と多いのです。「瞬間最大出力」について知ることで、ポータブル電源を購入した後に「家電が使えない」といったトラブルを未然に防ぐ事が出来ます。

次に、変換効率については実際に使用することが出来る電気の容量○○○Wを確認(又は計算する)する必要があります。

解説に使用するJVCケンウッド:BN-RB62-Cの場合は蓄電容量が626Whに対してAC出力が500Wになります。
※使用できる電気の容量が500W

JVCケンウッド:BN-RB62-C本体
※引用:JVCケンウッド:BN-RB62-C 取扱い説明書から抜粋

※変換効率を知りたい方はこちら⇩⇩⇩

【移動型蓄電池・ポータブル電源】実際に使える容量|変換効率から計算
移動型蓄電池・ポータブル電源に記載のある搭載容量には「変換効率」が関係するため、表示されている全ての容量(電力)を使用することは出来ません。本当に必要なポータブル電源の容量を知るには「変換効率」を計算した上で使用する家電の定格消費電力と使用時間から求める必要があるのです。

JVCケンウッド:BN-RB62-CでiPhoneを同時に何台充電できるのか?

iPhoneを充電するのに ➡ 5Wの消費電力が必要

JVCケンウッド:BN-RB62-CのAC出力 ➡ 500W

この事からJVCケンウッド:BN-RB62-Cが1台あれば、下表のように、一度に充電出来る台数と充電可能時間を計算することが出来ます。

iPhoneの充電台数充電可能時間合計消費電力
同時に10台10時間50W
同時に20台5時間100W
同時に50台2時間250W
同時に100台1時間500W

JVCケンウッド:BN-RB62-Cの場合は出力が500Wのため、iPhoneを同時に充電するのは100台が上限となります。

100台同時にスマホを充電するのは現実的では無いと思う方もいますが、実際に大規模な停電が起こった際はこのような状況も充分に考えられます。

そのため、災害時用のポータブル電源と併せて電源タップも複数個の常備が必要となります。

エレコム 電源タップ 雷ガード 光らない個別スイッチ スイングプラグ 6個口 2.5m ホワイト T-K5B-2625WH
エレコム 電源タップ 雷ガード 光らない個別スイッチ スイングプラグ 6個口 2.5m ホワイト T-K5B-2625WH

まとめ

この記事では【移動型蓄電池・ポータブル電源】災害時|スマホを同時に何台充電できる?かについて、ポータブル電源:JVCケンウッド:BN-RB62-CとiPhoneの充電器で解説をしました。

災害時用のポータブル電源は大容量が重要だと考える方も多いですが決してそうではありません。

今回のように「スマホの充電専用」としてポータブル電源を備えるのであれば、小型のポータブル電源でも充分に活用する事が出来ます。

大は小を兼ねると言いますが、災害時用にポータブル電源を検討されるのであれば「大容量(大)と小容量(小)のポータブル電源」を使い分ける事もおすすめです。

最後に、他にもスマートフォンの充電に適した小型ポータブル電源が多数ありますので、ご興味のある方は是非、ポータブル電源専門サイト:ポポサプまでお越しください。

※小型ポータブル電源の販売サイト:「ポポサプ」はこちら⇩⇩⇩

【出力:〜1,000Wh未満】 - ポポサプ ポータブル電源|Portable Power Supply
ポポサプ:「丸紅エネブル正規販売代理店」|防災用・医療用・現場用・キャンパー向けポータブル電源が専門|キッチンカー・フードトラックオーナー応援キャンペーンを年中開催|使用回数5回以下の中古も販売|ポータブル電源の無料レンタル|年中無休9:00-20:00

※各種お問合せはこちら⇩⇩⇩

お問合せ
【各種お問合せ】【新電力お申込】【ポータブル電源】に関するご相談・お見積りはこちら。

※法人・個人事業主さま向け無料レンタルはこちら⇩⇩⇩

【移動型蓄電池・ポータブル電源】無料レンタル
企業・個人事業主の方へ移動型蓄電池・ポータブル電源の無料レンタルをします。レンタル機種については数多くご用意していますので、お気軽にご相談ください。また、個人の方も「購入をご検討」の場合は無料レンタルが出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました