【ポータブル電源】専門店が解説する防犯対策|盗難・窃盗の被害が増加傾向!

2022年5月5日

2020年のコロナ禍をきっかけに「オートサイト利用者数(家族連れ)」は減少(日本オートキャンプ協会発表)したものの、ソロキャンプ人口は増加の一途を辿っています。

そんな「ソロキャンプ」を楽しむ方の間でも愛用されるポータブル電源の盗難・窃盗の被害が増加している事をご存知でしょうか。

ポータブル電源は高価なものが多く、特に人気機種ともなればオークションサイトやリサイクルショップで数万円~数十万円で売買される事も珍しくありません。

Display-of-the-security-camera
※防犯対策イメージ

そんな高価なポータブル電源を、盗難・窃盗の被害から守る「防犯対策」について、ポタ電の専門店がこの記事ではご紹介します。

フリーサイトは要注意

キャンプサイトにはいくつかの種類があります。

  • 区画サイト ・・・区切られたスペースに車やテントを設置するキャンプサイト
  • フリーサイト・・・広大なスペースで好きな場所にテントが張れるサイト

大きく分けるとこの2つに分類できるのですが、ポータブル電源の盗難・窃盗の被害が多いのが「フリーサイトです。

地元警察からの問い合わせ

少し話は反れますが、ポータブル電源の「中古品販売」や「有料でレンタル」をする場合、古物商許可証(管轄は警察署)が必要になります。

※有料レンタルの場合:中古で仕入れたポータブル電源を貸し出す場合に必要

secondhand-dealer's-license
※古物商許可証:表紙

取り扱う区分は細かく分類されていますが、盗難・窃盗の被害が発生した場合、該当する物を取り扱う業者に対して「地元警察署からの問合せ」が入ります。

例えば「自動車」が盗まれた場合・・・古物商許可証の取り扱い区分が「自動車」の業者に対して、地元警察から「同車種(メーカー・色・特徴)」)の取引履歴を確認される事があります。

ポータブル電源の盗難・窃盗の被害があった場合も同様、実店舗に対して「盗まれた同じ機種」の買い取り依頼があったか否かの確認や、ECサイト(オークションサイトなど)運営者へ「出品状況を確認」される事があります。

ポータブル電源が狙われる「ソロキャンプ」「フリーサイト」

そのような警察による調査が行われる中、ポータブル電源の盗難・窃盗の被害に遭いやすいのが、「ソロキャンプ」と「フリーサイト」です。

区画サイトの場合、不特定多数の人間が出入りすることは難しく、また、決められた区画でキャンプサイトを作るため「不審者」の存在は目立ちます。

ところがフリーサイトの場合、誰でも出入りが自由にできるため「不審者」の存在には気づきにくいのです。

また「ソロキャンプ」の場合は、目を離した一瞬の隙にポータブル電源が盗まれるケースが多いようです。

camp
※ソロキャンプイメージ

ポータブル電源を車内で置いたまま「保管」している場合も注意が必要です。

ポータブル電源にも防犯対策を

大事なポータブル電源を盗難・窃盗の被害から守るためにも「防犯対策」は欠かせません。

ここからは「ポータブル電源におすすめ」の防犯対策をご紹介します。

おすすめの防犯対策

おすすめの防犯対策は、バイクや自転車を盗難・窃盗の被害から守る「防犯アラーム」をポータブル電源に取り付ける方法です。

※ポータブル電源におすすめ「防犯アラーム」はこちら⇩⇩⇩

■3次元変位センサーと特殊アルゴリズムを使用して、より正確な盗難をキャッチします。

この防犯アラームはバイク用の防犯対策としてYouTubeでも多くの動画がUPされていますが、気軽に購入できる価格なので「ポータブル電源用」としてもおすすめです。

但し、「音量調整ができない」ことや「英語表記しかない取扱い説明書」などのデメリットはあるものの防犯効果は期待が出来ます。

ポータブル電源以外にも防犯対策が必要

ソロキャンプやフリーサイトでの盗難・窃盗の被害はポータブル電源だけではありません。

クーラーボックスやランタンなどの小物から、酷い場合はテントを丸ごと盗まれるケースも発生しています。

ポータブル電源に限らず「防犯対策」がお済でない方はこれを機会に検討されてみては如何でしょうか。

a-man-who-camps
※ソロキャンプイメージ

まとめ

この記事では【ポータブル電源】専門店が解説する防犯対策|盗難・窃盗の被害が増加傾向!について解説をしました。

大容量のポータブル電源ともなれば価格は数十万円にもなります。

そのため、ポータブル電源は「盗難・窃盗の対象」になり易く、気軽に持ち運べることからも一瞬の隙を狙われる事が多いのです。

今回ご紹介した「防犯アラーム」は気軽に始める防犯対策としてはおすすめですが、心配な方は動産総合保険への加入がおすすめです。

※ポータブル電源の動産総合保険に関する記事はこちら⇩⇩⇩

合わせて読みたい

最後に、ポータブル電源の需要は年々高まっていますが、思いがけないトラブルに巻き込まれる方も増えています。

人気機種を購入する場合は特に注意が必要で、オークションサイトで使用される画像については「Web上の画像」が流用される場合もあり「実際に届いた商品が写真と違う」などの被害もあります。

※オークションサイトで起こるポータブル電源トラブルはこちら⇩⇩⇩

合わせて読みたい

これからポータブル電源の購入をお考えの方は、メーカー公式サイトや正規販売店で購入される事をおすすめします。

ポータブル電源には「防災対策と防犯対策」の両方が必要です。

お問合せはこちら

LINE【公式】

ポータブル電源専門店

En Beau lo|エンビューロ

  • この記事を書いた人

エンビューロ


★法人・個人事業主のポータブル電源専門店|エンビューロ
★事業内容
・法人・個人事業主向けポータブル電源専門店
(個人の方は要相談)
・BCP対策用 補助金(助成金)申請業務全般
・医療用蓄電池
・LPG発電機(BCP対策用)施工管理
・屋外イベント向け大容量ポータブル電源各種
・車載サブバッテリーの販売及び施工
・EV充放電機
★専門分野
・ポータブル電源
・BCP対策全般
・車載バッテリー
・建築(戸建・収益・医院建築)
★保有資格
・宅地建物取引士
・測量士補
・第二種電気工事士

-ポータブル電源