【ポータブル電源】専門店が解説|ワインセラーの停電対策におすすめポタ電

2022年7月26日

停電対策用にポータブル電源を必要とされる方の多くは・・

  • スマートフォンの充電
  • 夜間の照明
  • 冷蔵庫用

などが一般的ですが、大切なワインを守ってくれる「ワインセラー・ワインクーラー」の停電対策にも、ポータブル電源を使用される方が増えている事をご存知でしょうか。

a-man-who-pours-red-wine

ワインは自然の産物であることから「傷みやすい食品」とされるのですが、ワインは静かに休ませる事で本来の価値を更に高めてくれる事からも、むやみやたらに移動させたりする事は絶対に避けなければなりません。

そのため、ワインセラーが停電によって受ける影響や被害は「取り返しがつかない」ことも充分に考えられるため、ワインセラー専用の停電対策を講じている方が増えているのです。

そこでこの記事では、ポータブル電源の専門店が「ワインセラーの停電対策におすすめポタ電」について解説をします。

ワインセラーの停電対策をしていない方や、今後、ワインセラー・ワインクーラーの購入を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。

ワインセラーに停電対策が必要な理由

例えば、最高級ワインの一つに挙げられる「ロマネ・コンティ」ですが、販売価格も数百万円と、通常のワインと比べても高価なワインである事は多くの方がご存知かと思います。

ロマネ・コンティ以外にも、世の中には「高級ワイン」が幾つもあるのですが、それらのワインを保存する「ワインセラー・ワインクーラー」が停電になるとどうなるのでしょう。

  • 温度が上昇すると中身が傷んでしまう
  • 吹く(気圧の変化で中身が溢れる事をこの様に言う)

このような事が起こると、ワインとしての価値は失われ、最悪の場合は廃棄処分を強いられることがあります。

また、停電時の応急処置などについてはワインセラーメーカーも紹介しているのですが、本来は「ワインをむやみに動かしたく無い」のが本音です。

※ワインは静かに休ませる事で風味が高まるため「静かに休ませる」ことが重要と言われます。

そのため、停電が発生した場合は保冷剤をワインセラー・ワインクーラー内に入れたりするのですが、これもおすすめではありません。

a-wine-cellar-containing-many-wines

その理由は、高価なワインともなれば「ラベル」にも気を配る必要があるため、庫内で結露が起こるような事になればラベルにもダメージがあるからです。

このように、ワインセラー・ワインクーラーが停電の被害を受けることで、保存されたワインには致命傷となる事も考えられるため、ポータブル電源を使った「ワインセラー専用の停電対策」が必要となるのです。

ワインセラーに必要なポータブル電源の機能

ワインセラー・ワインクーラーに停電対策が必要な理由はご理解頂けたかと思いますが、ここでは「ポータブル電源に求められる機能」について解説をします。

パススルー機能

ワインセラー・ワインクーラー専用のポータブル電源を常備される場合は「パススルー機能」は必須です。

※パススルー機能について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩⇩⇩

合わせて読みたい

ワインセラー・ワインクーラーの電源は、当然のことながら「コンセント」から給電する必要があります。

そのため、コンセントとワインセラーの間にポータブル電源を常に繋ぐ(下図)事で、停電の発生と共にポータブル電源から電気を送る事が出来るのですが、この機能(パススルー機能)は全てのポータブル電源に搭載されている訳では無く、中には「パススルー機能搭載」と謳っているにも関わらず、「出来る限り使用しないで欲しい」と説明書に小さく書いてある場合もあるので注意が必要です。

Power-outage-countermeasure-image connecting-portable-power-source-and-wine-cellar
※ワインセラーの停電対策イメージ

※このような使い方は搭載されるバッテリーの寿命を縮める(パススルー機能が無い場合)ため、各ポータブル電源メーカーが推奨している使用方法を確認する必要があります。

遠隔監視機能

上図のように停電対策を講じていても「ポータブル電源が稼働」していなければ、停電対策としての意味をなしません。

そのため、ワインセラー・ワインクーラーの停電対策に求められるポータブル電源の機能としては「遠隔監視」をしてくれるサービスも必要になるのです。

Office-for-remote-monitoring-of-portable-power

ワインセラーにおすすめのポータブル電源

ご紹介した「パススルー機能と遠隔監視機能」は、大切なワインを停電から守る為にも必要な機能であることはご理解頂けたかと思います。

しかし、この両方の機能を有するポータブル電源は非常に珍しい事もあり、ECサイト(Amazon・楽天など)や家電量販店で購入するようなものではありません。

そのため、正確なポータブル電源のスペックやクラウドサービスを受ける必要がある事からも、ここでご紹介するポータブル電源については専門店へご相談の上、購入される事をおすすめしています。

お問合せはこちら

LINE【公式】

エリーパワー社製:パワーイレ・スリー【PY3】

パワーイレ・スリーがおすすめの理由は、「セレブが選ぶポータブル電源」として以前の記事でもご紹介したのですが、ワインセラーの停電対策にはこのパワーイレ・スリーの機能やクラウドサービスが最も相性が良いと言えるからです。

power-release-three-portable-power-supply
※パワーイレ・スリー

※パワーイレ・スリーがセレブから愛される理由はこちら⇩⇩⇩

合わせて読みたい

また、パワーイレ・スリーは他のポータブル電源と比較をしてもサイクル寿命が圧倒的に長い事もあり、長期保存にも対応できる「ワインセラー専用」としては他に選択の余地を与えません。

サイクル寿命

  • 一般的なポータブル電源 ・・2,000回~3,000回
  • パワーイレ・スリーの場合・・17,000回(70%) ※毎日、充放電を繰り返しても15年使用出来る。

導入コストは「高級ワイン1本程度」と高額にはなるのですが、多くの高級ワインを停電から守ってくれる事を考えれば「費用対効果は絶大」だと言えます。

※サイクル寿命(サイクル数)に関する記事はこちら⇩⇩⇩

合わせて読みたい

まとめ

この記事では「ワインセラーの停電対策におすすめポタ電」について解説をしました。

ワインセラー専用と聞くと大袈裟に思う方もいるかも知れませんが、ワインの価値は高いものだと一億円を超える事もあるため、ワインセラー専用の停電対策については信頼のおけるポータブル電源が必須だと言えます。

そのため、ご紹介したエリーパワー社製:パワーイレ・スリーが、最も安全且つ、安心を提供してくれるポータブル電源だと自信を持ってご紹介できるのですが、導入を検討される場合は必ず「事前相談」をするようにしてください。

※ワインセラー・ワインクーラーは、コンプレッサー式をはじめ幾つかの冷却方式に分かれるため、事前に「品番・型番」などをお調べ頂く必要があります。

最後に、ポータブル電源は「用途」によって選ぶ基準が異なりますので、ワインセラー専用以外の場合でも、購入前にはメーカーや専門店の相談する事がおすすめです。

※ご紹介したポータブル電源の安全性についてはこちらをご覧ください⇩⇩⇩

合わせて読みたい

ポータブル電源専門店

En Beau lo|エンビューロ

お問合せはこちら

LINE【公式】

  • この記事を書いた人

エンビューロ


★法人・個人事業主のポータブル電源専門店|エンビューロ
★事業内容
・法人・個人事業主向けポータブル電源専門店
(個人の方は要相談)
・BCP対策用 補助金(助成金)申請業務全般
・医療用蓄電池
・LPG発電機(BCP対策用)施工管理
・屋外イベント向け大容量ポータブル電源各種
・車載サブバッテリーの販売及び施工
・EV充放電機
★専門分野
・ポータブル電源
・BCP対策全般
・車載バッテリー
・建築(戸建・収益・医院建築)
★保有資格
・宅地建物取引士
・測量士補
・第二種電気工事士

-ポータブル電源【商品関連】