【ポータブル電源】国内最大級の超大容量|イベント会場・撮影用機材に最適

2022年4月28日

ポータブル電源の蓄電容量には多くのバリエーションがあるのですが、大容量ともなると蓄電容量は2000Whを超えます。

そのような大容量ポータブル電源の中でも、国内最大級の超大容量を誇るのがオーバービュー社製ポータブル電源:PGJ-7000です。

この記事では、災害時の非常用電源やアウトドア用電源以外の場所でも選ばれる【ポータブル電源】国内最大級の超大容量|イベント・撮影機材に最適の「PGJ-7000」の特徴や活用方法についてご紹介をします。

PGJ-7000|特徴とスペック

型番のPGJとはPOWER GATE JAPAN(パワーゲートジャパン)の頭文字をとったものになり、オーバービュー社のブランド名を指します。

ここからはPGJ-7000の5つの特徴とスペックについて解説をします。

Portable-Power-Supply
※PGJ-7000本体

国内最大級の超大容量

蓄電容量は6,961.92Wh(約7,000Wh)、国内最大級の超大容量リチウムイオン電池を搭載。

AC出力(継続出力)は3,000Wにもなるため、定格消費電力の大きい家庭用エアコンや複合機でさえ問題なく稼働させることが出来ます。

また、リチウムイオン電池については「Panasonic製バッテリー」が採用されている事もあり、安全性・耐久性ともに優れています。

過充電・過放電・高温度・漏電・高電圧を自動で保護

法人・個人事業主のかた専用

お問合せフォーム

キャスター付きで移動が容易

PGJ-7000の本体重量は43㎏にもなるのですが、付属のキャスターを使うことで、舗装された場所であれば女性一人でも楽に移動させる事ができます。

※大容量ポータブル電源を女性が運べるか?はこちら⇩⇩⇩

合わせて読みたい

自動消火システム

過充電・過放電・高温度・漏電・高電圧を自動で保護する機能が搭載されているのですが、万が一の発火が起こった場合に於いても「自動消火システム」が作動することで、火災等の事故を未然に防ぎます。

PGJ-7000内部の温度が170℃に達した際に、二酸化炭素と窒素が放出される事で自動消火が行われます。

また、自動消火システムを搭載することで、リチウムイオン電池の弱点を克服することが出来ます。

※リチウムイオン電池の弱点はこちら⇩⇩⇩

合わせて読みたい

ソーラー充電中の使用

本来、ポータブル電源を充電した状態で同時に使用する(給電と放電を同時)事は、寿命を縮めるためNGとされていますが、オプションのソーラーパネルを使用することでPGJ-7000は充電と放電を同時にすることが出来ます。

※PGJ-7000製品カタログより一部抜粋

また、ソーラーパネルを使用した場合の充電時間については、2枚利用した場合でおよそ13時間(日照時)でフル充電が可能です。

スマートフォンの充電が同時に出来る

蓄電池の搭載容量から「スマートフォンの充電を同時に○○台出来る」事を計算する事は容易ですが、実際にそれが出来るのか?となると物理的に難しい場合があります。

※スマートフォンを同時に充電する場合の計算はこちら⇩⇩⇩

合わせて読みたい

しかし、PGJ-7000のオプションには120口・80口のUSBポートが用意されているため、充電ケーブルさえあれば同時に120台のスマートフォンの充電が可能になります。

※PGJ-7000製品カタログより一部抜粋

PGJ-7000のスペック

蓄電容量5.18V 134.4AH 6961.92Wh
出力電圧・周波数100V 50Hz/60Hz
出力波形純正弦波 ※波形について
継続出力3000W
最大出力6000W
電池の種類Panasonicリチウムイオン電池
充電回数と動作温度1000回後蓄電容量70%保持 -20℃~60℃
AC充電器 PSEマーク入力100V 出力DC58.8V 7A
ソーラー充電及び時間48V 6.25A 300W×2枚 13時間
AC出力・DC出力AC100V×2 DC USB5V・2A×2
外形寸法560mm×450mm×240mm
筐体(きょうたい)素材UL94VOABS
重量43㎏
無償保証期間1年

PGJ-7000の活用方法

PGJ-7000の活用方法としては、災害時の非常用電源やアウトドア用電源に使用される他、イベント時の機器用電源や、撮影用機材としても使用されています。

crowd-at-the-event
※イベント会場イメージ

イベント会場の場合、ソーラーパネル充電を併用することで長時間の使用が可能になり、電気を多く使った企画を実施することが可能です。

a-man-taking-pictures-with-a-camera
※撮影現場イメージ

国内最大級の蓄電容量を誇るため、長時間の撮影にも対応することが出来ます。

また、静音性にも優れているため使用する場所を選ばないのも魅力です。

まとめ

【ポータブル電源】国内最大級の超大容量|イベント会場・撮影用機材に最適の「PGJ-7000」について解説をしましたが、蓄電容量は他の機種を遥かに凌駕するため、移動型蓄電池・ポータブル電源の中では間違いなく「最強」です。

また、自動消火システムなどの特殊な機能を備えている反面、PGJ-7000は複雑な使用方法は一切なく「スイッチを入れる➡コンセントを差し込む」だけで利用できるため、使用する人を選ばないことから災害時用のポータブル電源としての評価もかなり高いと言えます。

最後に、大容量のポータブル電源を選ぶには専門的な知識や見解も必要になります。

そのため、価格や容量だけで選ぶ事は避け、使用する電化製品(IT機器)を明確にした上でメーカーや販売店に相談される事がおすすめです。

PGJ-7000の販売サイト:En Beau lo(エンビューロ)はこちら⇩⇩⇩(法人・個人事業主さま:お見積り致します)

ポータブル電源専門店

En Beau lo|エンビューロ

法人・個人事業主のかた専用

お問合せフォーム

お問合せはこちら

LINE【公式】

  • この記事を書いた人

エンビューロ


★法人・個人事業主のポータブル電源専門店|エンビューロ
★事業内容
・法人・個人事業主向けポータブル電源専門店
(個人の方は要相談)
・BCP対策用 補助金(助成金)申請業務全般
・医療用蓄電池
・LPG発電機(BCP対策用)施工管理
・屋外イベント向け大容量ポータブル電源各種
・車載サブバッテリーの販売及び施工
・EV充放電機
★専門分野
・ポータブル電源
・BCP対策全般
・車載バッテリー
・建築(戸建・収益・医院建築)
★保有資格
・宅地建物取引士
・測量士補
・第二種電気工事士

-ポータブル電源【商品関連】